2017年08月19日

認知症でみられる症状を分けて考えてみる(犬山市 認知症 認知症サポート医)

 認知症でみられる症状を二つに分けて考えてみると脳の神経細胞が壊れることで生じる中核症状とこの中核症状が原因で派生して生じる周辺症状に分けられます。周辺症状は精神症状と行動障害から成り立ちます。また、周辺症状は幻覚、妄想、興奮、攻撃性などの元気な陽性症状と自発性の低下、意欲の減退、感情の鈍麻などの陰性症状に分けられます。目の前の患者さんが大きく分けてアルツハイマー病なのか、他の認知症の病気なのか、中核症状、周辺症状として何があって、介護をするときに何が問題となっているかを考えて処方を組み立てることは大事だと考えます。漫然と抗認知症薬を出しているだけでは問題は解決しないことが多いです。
 最近の研究、報告によるとアルツハイマー病の認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)で興奮、攻撃性にはメマンチンが有効、レビー小体病のBPSDにはコリンエステラーゼ阻害薬が有効という結果がメタ解析から報告されています。また、BPSDで介護の問題となるものを幻覚、妄想と興奮、攻撃性に分けて考えて処方を考えることも大事です。沈静をさせることだけを目的にすると、食事が食べられなくなる、誤嚥性肺炎を引き起こすなどの問題が生じてきます。睡眠薬も不適切な投与で認知機能低下、転倒、骨折などのリスクをあるので十分に注意が必要です。
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)
posted by okabeiin at 10:18| 岡部医院

2017年08月15日

認知症患者のケア(犬山市 老人ホーム 認知症)

認知症が進行することによって施設に入所される方が多いです。認知症で一人暮らしの方などは薬なども十分に飲めていない、栄養状態も不良、糖尿病など生活習慣病のコントロールも不良、デイケア、デイサービスに通っていない人だと孤立してますます症状が進行、問題が複雑化することが多いです。夏場などでは家で熱中症、脱水症で動けなくなって救急搬送される方が多いです。
地域包括ケアなどがさかんにいわれていますが現場の感覚とずれていると思います。もう一度、認知症患者のケアについて考える必要があると考えます。早めに施設入居や介護サービスの見直しをすることで認知症の進行を遅らせる、糖尿病などもコントロールして合併症を防ぐことができるのではないでしょうか。住み慣れた地域で生活することも大事ですが現場で医療、介護を行っているとそれが全てに勝るとは思えません。 
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)
posted by okabeiin at 08:23| 岡部医院

2017年08月08日

8月の休診日について

8月は11,12,13日はお盆休みになります。
デイケアセンターも休みになります。
よろしくお願いします。
8/14からは通常通り診療をします。
posted by okabeiin at 08:20| 岡部医院

2017年08月02日

自費点滴治療(犬山市 点滴 にんにく注射)

自費診療での点滴を行っています。メニューは下記のとおりになります。詳しくは医師にご相談ください。
(料金は全て税抜きです。)

疲労回復点滴
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、ビタミンC 
2500円
ビタミンB1は細胞の新陳代謝を盛んにし、神経や筋肉の動きを活発にすることで
疲労や倦怠感などの回復に効果を発揮します。
スポーツ選手などに愛用者が多く、疲労回復や健康維持に役立ちます。

疲労回復S点滴
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、ビタミンC、タチオン
3000円

疲労回復院長S
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、高濃度ビタミンC、タチオン、エントミン
4000円

美肌点滴
トラネキサム酸、高濃度ビタミンC、α‐リポ酸、タチオン 
3000円
美肌の有効成分であるビタミンCをたっぷり配合した点滴は
シミやくすみの原因であるメラニンの産生を抑え美肌へと導きます。
また、ビタミンCには活性酸素を除去し、コラーゲンの増生を促すといった効果もあります。

肝臓点滴
アデラビン、強ミノ、タチオン、α‐リポ酸 
3000円
二日酔いになってしまった、二日酔い対策をしたい方にお勧めです。

脂肪燃焼点滴
塩化カルニチン、α-リポ酸、ビタミンB1(にんにく)、タチオン
3000円
カルニチン、α-リポ酸を同時に入れることによって効率よく脂肪を燃焼させ、
基礎代謝をUPします。
posted by okabeiin at 09:44| 岡部医院

2017年07月31日

かかりつけ医研修会(犬山市 内科 生活習慣病)

 昨日はかかりつけ医研修会に参加してきました。脂質異常症、糖尿病、高血圧、認知症、介護保険、在宅医療などについての講義を受けてきました。脂質異常症の講義では多数の研究をメタ解析した結果、高LDL血症患者ではスタチンによってLDLコレステロールを39mg/dl低下させるごと冠動脈イベント(心筋梗塞)、脳梗塞を24%、20%低下それぞれ低下することが示されています。
 脂質異常症の治療をなぜしているのかというとコレステロール、中性脂肪の値を下げて良くするために行っているのではなく、心筋梗塞、脳梗塞になるリスクを下げるために治療をしているのです。
岡部医院院長 岡部誠之介
IMG_3073.JPGIMG_3078.PNG
posted by okabeiin at 16:28| 岡部医院