2017年07月24日

SARAの特徴について(犬山市 老人ホーム SARA)

住宅型有料老人ホームSARAでは岡部医院との連携により医療度の高いかたも入居可能です。施設入所となる方は認知症を合併している方が多いです。SARAでは認知症ケアを医療、介護連携で個人の性格、病気、病状に合わせて行うことにしています。また、お薬の調節も行うことでなるべくその人らしい生活をしてもらうように心がけています。大事なことは医療、介護の連携です。どんなことでも何かおかしいと感じたことがあればすぐに私に報告するようなシステムになっています。
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)
posted by okabeiin at 17:49| 住宅型有料老人ホーム SARA

2017年07月21日

神経内科専門医外来(犬山市 神経内科 外来)

毎月第二、四土曜日は神経内科専門医による外来を行っています。
神経内科とは主にパーキンソン病、認知症、頭痛、てんかん、脳卒中、神経難病を専門に診療する内科です。
もの忘れ、手の震え、しびれ、頭痛などの症状のある方は当院までご連絡ください。
7月の診察日は7/22(土曜日)
8月の診察日は8/26(土曜日)になります。
二診体制で診療しますので待ち時間も少ないので土曜日の外来を是非ご利用ください。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:56| 岡部医院

2017年07月20日

8月の休診日について

8月は11,12,13日はお盆休みになります。
デイケアセンターも休みになります。
よろしくお願いします。
8/14からは通常通り診療をします。
posted by okabeiin at 08:46| 岡部医院

糖尿病治療薬の進化(犬山市 糖尿病 内科)

糖尿病の治療薬はここ最近いろいろな種類のものが発売されています。患者さんの病気のメカニズムとライフスタイルに合わせた治療を行う事が大事だと考えます。
その中でも週に一回の注射の薬があるのですがとても使いやすいデザインです。週に一回の薬なので診察時に使うなど、薬の飲み忘れもないので在宅医療などで使いやすいです。患者さんも痛みが少ないようなので好評です。打つ前に少し常温に戻すとより痛みが少ないみたいです。この薬は今までのインスリンの注射とは違い、低血糖にもなりにくく、体重増加の心配もありません。また、腎機能、肝機能の悪化している方も安心して使うことができます。早い段階から使うことでその後の治療がコントロールしやすくなる、糖尿病の合併症の進行も抑制できる可能性があるのではと考えます。
IMG_2933.JPGIMG_2934.JPG


posted by okabeiin at 08:26| 岡部医院

2017年07月13日

肥満症外来(メタボ外来)(犬山市 内科 肥満症外来)

肥満症の方に食事療法、運動療法をその人に合った形で提案しています。
食事療法ではロカボと食べる順番についてを教えています。さっそく効果が出た患者さんが喜ばれていました。
緩やかな糖質制限をすることをロカボと呼んでいます。いろいろな食事の糖質を調べてみると面白いです。ゲーム感覚でやってもらうと良いでしょう。市販のわらびもちは多くはデンプンの粉を原材料に使っており、表示をみてみると糖質(炭水化物−食物繊維)の量がとても多いです。黒蜜を含めると一食分の糖質量を軽く超えてしまいます。美味しいですけど食べる量、タイミングには十分に注意した方が良いでしょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:51| 岡部医院