2016年09月26日

認知症のケア(認知症 有料老人ホーム 犬山市)

認知症が進行してくると夕方になると落ち着かなくなり、実家の人に呼ばれた、みんなに会いに行くと帰宅願望が強くなる方がみえます。そういう時には今日はもう時間が遅いから明日に一緒に行きましょう、後から一緒に行きましょうと声をかけてお茶などを出して過ごしてもらうといいでしょう。興味を別のところに向けるのが大事です。根気よく対応するのが重要です。
当施設では不安にさせないような対応を心がけています。声のかけ方も優しくわかりやすい言葉で伝えるといいでしょう。間違っても声を荒げることや不安を煽るようなことは言ってはいけません。
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)
posted by okabeiin at 16:06| 住宅型有料老人ホーム SARA

2016年09月23日

AGA(男性型脱毛症)外来について(犬山市 AGA治療 男性型脱毛症)

当院ではフィナステリド1mg(先発品名:プロペシア)という飲み薬で治療をしています。効果はすぐにはでないので半年ぐらい飲んでいただいて効果判定します。
フィナステリド1mgは1錠200円(税込み)で処方しています。
当院では現在、診察料はなく、薬代だけで治療をを受けていただいてます。4週間(28錠)で5600円(税込み)となります。詳しくは医師にご相談ください。
posted by okabeiin at 12:00| 岡部医院

2016年09月21日

高血圧について(犬山市 内科 高血圧)

高血圧と推定される日本人は全国で4000万人以上、3人に1人は高血圧とされています。高血圧の要因の一つは過剰な塩分摂取で日本は味噌、醤油、漬物など塩分の高い食べ物を好んで食べる食生活なので高血圧患者が多いです。
高血圧治療で患者さんが血圧の薬を飲み始めるとずっと飲まないといけないのではと心配される方がみえます。基本的には生活習慣を改善して、血圧が下がり正常になれば薬は中止することが可能です。薬にはいろいろ種類がありますが一種類では収縮期血圧(上の血圧)は5〜10程度下がるぐらいのものです。減塩、体重減少、運動、禁煙、飲酒を減らすなどを行えば十分に血圧5〜10程度下げることは可能です。逆にいうと生活習慣が改善しなければ薬はずっと飲み続けなければならないでしょう。高血圧の患者さんで血圧の薬を飲みながら、タバコを吸っている方などは何をしているかよく分からない状態、問題が複雑化してしまっているのでそういう方はまず禁煙をしましょう。
posted by okabeiin at 08:28| 岡部医院

天気が悪いと調子が悪い(漢方 犬山市 内科)

天気が悪いと頭痛、めまい、倦怠感、古傷の痛みなど身体の調子が悪くなるといわれる方は多くいます。諸説ありますが医学的には天気が悪くなり気圧が低下すると(台風などの低気圧)身体の中で炎症物質が発生して症状を引き起こすと考えられています。気管支喘息では台風、低気圧で発作が起きやすくなること知られています。
漢方医学では天気が悪いと調子が悪くなるのは身体の中の水分のアンバランスで起きてくるのではというアプローチをします。身体の中での水分のバランスが崩れるとむくみ、めまい、頭痛などがが起こると考えられています。漢方医学ではそういうときにはP(五苓散)、㊸(六君子湯)を使います。ちなみにお酒を多量に飲んだ次の日に身体の調子が悪いのも水分のバランスが崩れて起きている症状なのでP(五苓散)を使います。
posted by okabeiin at 08:05| 岡部医院

2016年09月16日

本日の昼食

今日は天ぷらをお弁当風にした昼食でした。みなさんとても喜んでいました。
見た目や味はとても重要です。岡部医院グループでは食事は調理場で全て手作りです。
IMG_8918.JPG
IMG_8920.JPG

posted by okabeiin at 11:58| 岡部医院