2018年06月21日

妊娠中の風邪について(犬山市 内科 風邪)

妊娠中の風邪についてですが。まずは風邪なのかどうか、風邪という診断をどのようにするかが大事だと私は考えます。

風邪の定義はほとんどの場合、自然に良くなるウイルス感染症で多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった多症状を呈するウイルス性上気道感染のことと定義しています。

つまりは咳、鼻汁、咽頭痛を急性に同時に同程度訴える患者さんは風邪であるといっていいでしょう。ただし、高齢者や免疫力の低下している患者さんは、慎重に考えた方が良いでしょう。

基本的には妊娠中は治療上の有益性が危険性を上回ると判断した場合にのみ薬を投与する事となっています。
100%の安全というものは難しいものです。しかしながら、早く治したい、生活の質を上げたいという気持ちも理解できます。そのような時は、危険性はほとんどないと考えられている漢方薬を使うのが無難でしょう。

まずは問診、診察を行い、風邪なのかどうかを考えて、さらには薬などを使った方が良いかを考えて、患者さんと相談をして治療法を考えるというのが私のスタンスです。これは風邪に限らず、全ての病気において必要な事であると考えています。

ちなみに風邪に対して葛根湯が使われることが多いですが、葛根湯は妊婦には麻黄が入っているので、長期に使用することは私はやりません。

そもそも、葛根湯は風邪っぽいかな、と思ったときに飲むのが一番効果が期待できるタイミングです。いろいろな症状が出て、医院に来た時には、すこしタイミングとしては遅いのでそういうときには症状に合わせて処方を考えて治療をしています。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 11:57| 岡部医院

2018年06月19日

神経内科専門医外来(犬山市 神経内科 外来)

毎月第2、4土曜日は神経内科専門医による外来を行っています。
神経内科とは主にパーキンソン病、認知症、頭痛、てんかん、脳卒中、神経難病を専門に診療する内科です。
もの忘れ、手の震え、しびれ、頭痛などの症状のある方は当院までご連絡ください。

7月の診察日は7/14、28になります。
二診体制で診療しますので待ち時間も少ないので土曜日の外来を是非ご利用ください。

インターネット予約も受け付けています。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=3feJwzNDQzNDQDAAQkATE

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 08:31| 岡部医院

2018年06月16日

帯状疱疹について(犬山市 帯状疱疹 内科)

帯状疱疹は水痘(みずぼうそう)罹患後に体内の神経節に潜む水痘帯状疱疹ウイルスが、免疫力の低下などにより神経の分布に沿って発症します。

発疹が出る5日前後からピリピリとする痛み、その後発赤、水泡、紅斑と皮膚の症状は変化していきます。発症一週間以内に抗ウイルス薬を投与することが推奨されています。

帯状疱疹の痛みは残ることがあるので、60歳以上、皮膚症状が重症、夜も眠れないぐらい痛いという人は特に注意が必要です。帯状疱疹後神経痛は50歳以上では6割が一か月以内に、9割が3カ月から半年で症状は改善しますが、痛みが強い、改善傾向にない場合は痛みの専門外来などを紹介します。

帯状疱疹後神経痛は症状や程度が患者さんによって違うため、それぞれの患者さん合った治療法が選択され、組み合わせられます。また、根気よく治療を続ける必要があります。この頃の痛みは非ステロイド系消炎鎮痛薬が効きにくくなってきます。慢性疼痛治療薬や神経障害性疼痛治療薬の中の帯状疱疹後神経痛の保険適応を持つ薬剤を使用することもあります。その他、外用剤を併用することもあります。 痛みが非常に強い場合はペインクリニックをご紹介させていただいております。

また、帯状疱疹後神経痛は温めると痛みが楽になります。他の病気で入浴の制限がなければ、入浴回数を増やしたりするのもよいでしょう。冬には保温し、夏には冷房で冷えすぎないようにしましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:01| 岡部医院

安全配慮義務と自己保健義務(産業医 犬山市 内科)

労働安全衛生法第六十九条には
1 事業者は、労働者に対する健康教育及び健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るため必要な措置を継続的かつ計画的に講ずるように努めなければならない。(安全配慮義務)
2 労働者は、前項の事業者が講ずる措置を利用して、その健康の保持増進に努めるものとする。(自己保健義務)
とされています。

事業者と労働者の関係は
労働者→労務の提供、事業者→賃金の支払
労働者→自己保健義務(従業員自身が自分の健康に注意する)、事業者→安全配慮義務
という関係になります。

企業が行うべきこと(安全配慮義務)、社員が行うべきこと(自己保健義務)と考えてもらうと分かりやすいでしょう。しかしながら、「健康管理は自己管理」が大前提です。

健康診断で異常指摘されたが、医療に受診しない、過度な飲酒、喫煙は自己管理の問題です。自己保健義務は労働者としての義務なので注意しましょう。

健康診断で異常所見があると判断された労働者は、3カ月以内に医師等の意見を聞く(就業判定)、事後措置を行う必要があります。(法律で定められています)

就業判定は通常業務可、就業制限(就業場所の変更、労働時間の短縮等の配慮)、要休業に分けられますが、当該労働者の実状を考慮して、就業制限の実施は事業主が行います。
岡部医院院長 岡部誠之介(日本医師会認定産業医)
posted by okabeiin at 09:06| 岡部医院

2018年06月13日

生活習慣病重症化予防 重点事業の状況報告

先日、医師会で犬山市から重点事業の状況報告を受けました。

その中で特定健診受診率向上に向けたアンケートというものがありました。
男女1000人にアンケートを行い、回収率は21.8%でした。

特定健診未受診者へのアンケート内容をみると、未受診の理由としては
1位 生活習慣病で治療、または定期的な検査を受けているから 33.96%
2位 必要な時は、いつでも医療機関を受診できるから 26.42%
3位 体調が悪くないから 20.75%
という事でした。

予防医療の観点からみると
2,3位の理由は少し問題があると考えてしまいます。

生活習慣病の多くは症状はありません、ゆっくりと合併症が進行して
ある日、心筋梗塞、脳卒中の発症、気づいたら腎機能悪化、認知症という事があります。
とても恐ろしい病気です。

高血圧が原因で脳卒中、麻痺が起きてしまった場合、麻痺を治すことは、現在の医療では困難です。
腎臓の機能も腎臓の機能が低下してしまった場合に、改善する薬は現在はありません。
だからこそ、予防医療が重要です。100%予防できるのかという話になるとそれは無理です。ただ、健診受診をするだけで予防できる病気もあります。

別の調査ではH27年度に
特定健診の受診歴:無し
医療機関への受診歴:無し
という人の割合は犬山市だけで2000人、健診対象者の14.4%という調査があります。

毎年健診を受けることを推奨しますが、何年も健診を受けていない人は、毎年でなくても良いので一回は健診を受けることを推奨します。

また、その時は気になる事はなんでも相談ができて、健診後のケア、治療、精密検査等の紹介をしてくれるかかりつけ医での受診を推奨します。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 11:01| 岡部医院