2018年09月20日

漢方という名前の由来(犬山市 内科 漢方)

漢方という名前は江戸時代についた名前です。
その頃には中国由来の医学が日本で独自に発展していましたが、特に名前などはありませんでした。

日本は鎖国の時代でオランダから西洋医学が入ってきて、それを蘭方と呼んでいました。
蘭方と日本独自の医学を分けるために、日本独自の医学を漢方という名前がつけられました。

日本の漢方医学は日本独自のものといってよいでしょう。
また、日本では西洋医学を学んだ医師が漢方の処方ができるので診断は西洋医学、症状の緩和に西洋医学が効果がないときに、漢方薬を使う事ができます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 20:00| 岡部医院

2018年09月18日

漢方薬紹介 真武湯(別名:温陽利水湯)

真武湯について紹介したいと思います。真武湯は別名;温陽利水湯とも呼ばれます。
真武湯は1800年前の「傷寒論」にも書かれています。

虚証用の葛根湯といわれるように、幅広い訴えに使用できる漢方薬です。

ポイントは附子が入っていることです。附子はトリカブトを減毒した生薬で、身体を温める作用があります。
他に附子が入っている漢方薬には八味地黄丸、牛車腎気丸、麻黄附子細辛湯などがあります。
面白いイラストの本があったので購入させていただきました。
下痢や胃腸炎などでも使うことがあります。
岡部医院院長 岡部誠之介
9100164E-71C1-456B-B726-6D6957FAD93D.jpeg




2CD3A395-4526-4D79-A713-98BCBFA6F2A2.jpeg
posted by okabeiin at 11:05| 岡部医院

血圧について 上の血圧、下の血圧(犬山市 内科 高血圧)

血圧は上(収縮期血圧)と下(拡張期血圧)があります。かつては下(拡張期血圧)のみで高血圧を診断、治療されていた時代がありましたが現在は収縮期血圧に注目して血圧治療をすることが多いです。2008年6月にランセット誌に「上の血圧(収縮期血圧)がすべて」というレポートが寄せられましたが私もそう思います。

逆に高齢者では上と下の血圧差が大きい、つまりは下の血圧が低くて、上の血圧が高い人は要注意です。年齢とともに上(収縮期血圧)は上昇し、下(拡張期血圧)は低下するので差が大きくなります。この差を脈圧といいます。脈圧の差が大きい人は動脈硬化が進行している、血管の弾力性が失われているので心血管病のリスクが高いことを示しているのです。

高血圧の治療目標は血圧を下げることも目標の一つですが、動脈硬化の進行を抑制して脳卒中、心血管病のリスクを減らすことも大切な目標だと考えます。そのためには脂質異常症や糖尿病の管理、治療も同時に行うことが大切です。

高血圧には自覚症状がないため放置してしまうことが多く、その結果、心臓や血管への負担が大きくなって、動脈硬化が進んでしまいます。動脈硬化によって様々な合併症が引き起こされます。主な合併症は、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全など脳・心臓・腎臓に関わる重大な病気があります。

高血圧の合併症で脳梗塞、脳の循環障害(白質病変)、慢性腎臓病が進行するとそれを元に戻すことは現代の医療でも困難です。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:28| 岡部医院

2018年09月14日

デイケアでの地域交流(犬山市 デイケア 介護)

光明幼稚園のお友達がデイケアに遊びに来てくれました。デイケアの利用者の方も喜んでいました。
こうしてみると子どもたちは元気ですね。漢方医学でいうと、気で溢れています。
逆にいうと、高齢者になるにつれて、気が乏しくなる印象があります。
気も先天の気、後天の気というものがあり、後天の気は日頃の養生で補えるといわれてます。

みんなに元気を分けてもらっていたら、良いですね。
岡部医院院長 岡部誠之介


DA4F6270-A5BB-47E6-AC28-38853B8AA4BC.jpeg123EC6A5-2925-4748-B0E7-9CF3E42123EF.jpeg7C4FCB74-F65B-484C-8312-A2DA231DEF2D.jpeg
posted by okabeiin at 17:07| 岡部医院

2018年09月10日

施設でのターミナルケア(犬山市 老人ホーム ターミナルケア)

有料老人ホームSARAでは岡部医院による訪問診察を行っています。最後まで診療をさせていただく事も増えてきており、今までで1年以上訪問診療等を行って、最後まで診療をさせていただいたのが30件近くあります。

老衰や悪性腫瘍の進行期、経口摂取できなくなり、胃ろうなどの栄養投与はせずに、末梢の点滴を最後まで続けるといった診療もしています。
本人、家族と相談しながら、どういう診療をするかなども決めています。

悪性腫瘍の進行期では、悪性腫瘍を治そうというのは困難なので、悪性腫瘍がある事により、痛みがある、浮腫がある、食欲がないという状態を、最後まで元気に過ごそうといろいろ考えて加療をする事を大事にしています。

実際に、施設に入居して、家族も介護疲れ、自宅での療養から解放されて、治療に専念することがプラスになることもあります。治らない状態でも医療のfollow、治療は大事です。意味がない事はありません。

悪性腫瘍の進行期でも、悪性腫瘍そのものは治すことができなくても、症状の緩和や生活の質を上げることは可能です。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 15:48| 住宅型有料老人ホーム SARA