2018年11月28日

アルコール関連の諸問題

多くの観察研究で1日純アルコール20g程度までの飲酒量で死亡率が低いことが示されています。この量はビール500ml、日本酒、ワイン約1合(180ml)に相当する量です。

一方、厚生労働省研究班の推計では、多量飲酒者は980万人、アルコール依存症、その予備軍は294万人いるとされています。多量飲酒者、アルコール依存症者がアルコールの健康に対しての良い影響を受けることはありません。

多量飲酒者では肝臓の病気だけではなく、咽頭癌、食道がんのリスクを高めます。また、習慣飲酒は健常高齢者においての脳血管障害のリスク因子です。65歳以上の健常者を対象にした住民健診でMRI画像上の無症候性脳梗塞の頻度は約25%あり、年齢、高血圧、喫煙、男性と並び習慣飲酒がリスク因子となります。

また、生涯アルコール飲酒とMRI上の脳容積には逆相関がみられます。つまり、飲酒量が多いほど脳が委縮するという負の関係性があります。

最近では記憶をなくすほど飲酒する経験が多いほど、認知症になりやすいという報告があります。記憶をなくすほどですから、脳にダメージを与えているのは当然ですよね。

また、高齢者ではライフスタイルの変容が飲酒の意義を変質させ、飲酒そのものが目的となってしまうことがあります。一人暮らし、毎日お酒を飲む、お酒だけが楽しみという人は危険です。

かつては仕事上の付き合いなど社会や共同体といった結びつきを保ちつつ一定量に収まっていた飲酒が、環境の変化によって、飲酒の社会生活上の潤滑油あるいは身体的・精神的ストレスの調整弁としての役割が減って、飲酒の依存度の面が増大してしまいます。

アルコールには依存性と耐性があります。耐性とは、毎日アルコールを摂取していると、酔いにくくなり、同じぐらい酔う事を目的とすると、アルコールの量が増えていくことです。

依存性と耐性がある物質で、多量に摂取すると健康を害する危険性があるというのは医師からみると、とても怖いことです。毎日、お酒を飲んでいる、飲まないと眠れない、お酒を飲まない日を作ることができないという人は依存症になっていないか一度、考えてみる事をお勧めします。

アルコールで身体を壊す、壊しているのに飲酒習慣が止められない人をみると、アルコールの怖さを考えています。マイルドドラックといっても良いでしょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:56 | TrackBack(0) | アルコール

2018年11月26日

インフルエンザ予防接種(犬山市 インフルエンザ予防接種 予約)

インフルエンザ予防接種について
料金は3500円(税込み)です。
予防接種の効果は5,6ヵ月は有効なので遅いよりは早めの接種の方をお勧めします。今年もインフルエンザワクチンの数が少ないという報告がありますので早めの接種をお勧めします。

今年も入荷数が少なく、混乱も予想されるため予約制になりました。
ワクチンの供給量が不安定のため、予約は一度、停止とさせていただきます。

毎年、同じことが繰り返し起きています。当院でも毎年、予約停止が起きてます。
毎年、思うのですが10月中に接種するほうが良いです。早すぎるとかはあまり関係ないです。

卸業者、メーカーに見解を毎年、聞いていますが毎年、何も変わりません。
繰り返しになりますが、現在、予約は停止となっております。誠に申し訳ございません。

来年は10月中にワクチン接種を受けたほうが賢明でしょう。毎年、同じことが起こっています。

岡部医院では一つのバイアルから二人分をシリンジにつめて、接種をしています。
複数のバイアルから残液を集めて接種することは行いません。
岡部医院院長 岡部 誠之介
posted by okabeiin at 16:07| 岡部医院

2018年11月20日

今日の昼食

今日の昼食は天ぷらでお弁当のように盛り付けして食べてます。
盛り付けを少し変えるだけでも違いますね。

昼食はいつも美味しくいただいてます。味付け等も確認をしています。

食事を美味しく食べれられる身体、環境にいる事を幸せと感じられるのも大事な事だと考えています。

岡部医院院長
岡部誠之介
1679FE3A-320C-43CA-8ABC-E252B0034155.jpeg05BD2F73-BE35-4912-8EF7-1634F66F4CF4.jpeg
posted by okabeiin at 11:49| 住宅型有料老人ホーム SARA(サラ)

漢方薬の飲み方(犬山市 内科 漢方)

漢方薬は苦い、飲みにくいという印象があると思いますが実際に自分で飲んでみるとそれぞれ味が違うので飲みやすい、飲みにくいは個人によって差があります。食べ物の好き嫌いと同じです。

粉の薬が飲めないという方は錠剤の漢方を処方してみる、葛根湯、補中益気湯などのように〜湯とつくものはお湯に溶かして飲むなどが対処法として考えられます。

また、小児だとはちみつに混ぜて飲むと飲みやすくなると思います、ただし、はちみつは生もので一歳未満の赤ちゃんには与えてはいけません。注意をしてください。繰り返しになりますが、1歳未満の赤ちゃんにはちみつは与えないでください。

それでも漢方は苦手、飲めないという方はいますので、そういう方には漢方は処方せずに他の薬を使います。

生薬の里を訪問した時に、奈良県の国産天然はちみつを購入しました。横田養蜂場という所で作られているようです。この地域で作られたはちみつと漢方の組み合わせは何となく良さそうだと考えました。
岡部医院院長 岡部誠之介
222C83D5-3D41-4482-B52C-625808094DE6.jpeg1E3D8295-3D57-41B7-893B-8061626FF768.jpeg
posted by okabeiin at 08:56| 漢方内科

2018年11月19日

生薬の里を訪問(内科 漢方 犬山市 岡部医院)

奈良県大宇陀にある「薬の館」に行ってきました。

薬問屋を商っていた細川家の屋敷を改修して利用した資料館で、昔の面影が残る歴史的町並みにあります。屋敷は江戸時代末期の建造物。細川家は文化3(1806)年から代々薬問屋を営んできた家柄で、館内には細川家の資料や藤沢薬品に関する資料が展示してあります。細川家は、藤沢薬品工業(株)(現アステラス製薬(株))の創始者・藤澤友吉(ともきち)の母方の実家でもあります。

また、宇陀市は『薬の町』としても知られていて、上記の藤沢薬品工業(アステラス製薬)創業者の藤沢友吉をはじめ、ロート製薬創業者である山田安民、ツムラ創業者の津村重舎、笹岡薬品創業者の笹岡省三は宇陀市の出身です。

他にも柿本人麻呂の歌で有名なこの街は狩場だったことや薬草がとれる場所だったそうです。江戸時代には天領となり商業地として栄えていた場所でもありました。

この地方でとれた生薬の当帰は大和当帰と呼ばれ、良品とされました。当帰は当帰芍薬散、加味逍遥散、補中益気湯などに使われる生薬です。華岡青洲が全身麻酔に使った「通仙散」にも当帰が使われていたとされてます。

ちなみに当帰の名の由来は諸説ありますが、嫁が当帰を服用して元気になり、夫(婚家)に「まさ(当)に帰る」ことができたというのが語源という話があります。

また、この地方は吉野葛の産地でもあり、葛も生薬の「葛根」として葛根湯に使われています。和名の由来は大和(奈良県)の国栖(くず)地方の人がでんぷんを採取し、売り歩いたことによるとされています。

この地方には大和水銀鉱山があり、水銀も採取されていたようです。今では考えられない話ですが、昔は水銀が薬として使われていました。とても考えられない事です。しかしながら、現代医学の立ち位置を参照点として、過去の医学をみて批判をするのは容易いことで、過去の医師達はより情報、薬も少ない中で,
その時々で病気を治したい、患者さんを良くしたいと一生懸命だったと考えられます。

これらの生薬などが古来より医学の中心であった京都に入り、名医達が使用していたのだと考えられます。吉益東洞もこの地方から生薬を取り寄せて、漢方の処方をしていたのだろうと、思いを馳せながら古い町並みを散策しました。
岡部医院院長 岡部誠之介
38D80680-5BBC-4E0A-A4D1-8F8A6823A5FD.jpeg42CD7E91-6609-4B40-A1A4-7D696B4E0BAD.jpegA11C5FBD-FC54-4527-9725-8C8C05B80D5C.jpeg
207EDA5E-BAA6-4BE2-A328-5F9F4797DD80.jpegEEA9E527-EC73-41C8-B6EC-AB0232D5EC54.jpegFE83CB69-BBF7-4B87-BB3B-C5BD3412B38C.jpeg
posted by okabeiin at 11:24| 漢方内科