2018年11月19日

吉益東洞(よします とうどう)の墓を訪ねる(犬山市 漢方 内科 岡部医院)

先日、吉益東洞の墓を訪ねてきました。

東洞は1702年に安芸国山口町(広島市中区橋本町付近)に生まれ、1773年に京都で没した。東洞は19歳より刀傷を治す外科医、産科を学んだ。37歳の時に、家族を連れて上京したが、医業は振るわず、借家住まいで貧困極まり、人形造り、鉢皿を焼く内職をしていました。

44歳の時に、ある商人の病気の老母に処方されていた薬を正したところ、それを処方していた宮廷侍医山脇東洋がそれを称賛、東洞の処方を称揚し世に広めました。その後、東洞の医業は大いに繁盛し、大名からも往診を依頼されるようになりました。

東洞は目に見えないものは一切、相手にしない、目で見ることのできないものは医の対象にならないと訴えて、それまでの既成概念、伝統を無視した理論を唱えていました。

この時代にこのようなことを唱えるのはすごい事で、要は今日の医学と同じように、実証できないものを否定したのです。これにより、日本の医学が少し立ち止まって考える事になり、当時長崎から経由してもたらされたオランダ医学(蘭方)の移入が容易になったと考えられています。

「漢方」という言葉はもともとあったわけではなく、江戸時代にオランダから日本に伝わった西洋医学を「蘭方」と呼んでいたのですが、それと区別するために日本で独自に発展してきた医学を「漢方」と呼ぶようになったと言われています。

お墓は東福寺の南端の荘厳院にあります。東福寺は京都屈指の紅葉名所で混雑するということでしたが、早朝に散歩するとほとんど人はおらず、良い散歩ができました。

ちなみに、ツムラ122排膿散及湯は吉益東洞の創方した漢方とされており、岡部医院でも使うことがあります。文字通り皮膚のできものなど、膿をだす効果を期待して処方します。乳腺炎、歯周病などにも効果が期待できると考えています。

岡部医院院長 岡部誠之介
8D86890D-64B9-4B8B-9BAE-FE27509C1700.jpeg795BC054-7E30-4325-B3D6-04DAA7902BC0.jpeg
posted by okabeiin at 08:21| 漢方内科

2018年11月17日

麻しん、風しんワクチンについて(犬山市 内科 岡部医院)

風しんワクチンについて
風しんワクチンは年代および性別によって接種回数が不足しているワクチンです。

特に30-50代(特に男性)は不足している可能性が高いです。

風しんワクチンは
生涯で2回のワクチン接種が必要です。
接種歴および罹患歴が不明な場合は2回の接種を推奨します。不足回数分はMRワクチンでの接種を推奨します。

麻しんワクチンも同様に
生涯で2回のワクチン接種が必要です。
接種歴および罹患歴が不明な場合は2回の接種を推奨します。不足回数分はMRワクチンでの接種を推奨します。

母子健康手帳などに記録等があるので見直してみてください。
生年月日が平成2年4月以前の方は接種が2回済んでいない方が多いので注意してください。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:50| 岡部医院

2018年11月16日

写真撮影、動画撮影について

施設内での写真撮影、動画撮影は入居者さん、訪問される全ての皆さま、職員のプライバシー保護のため、原則禁止としています。

先日も訪問看護時に声かけ、同意なく動画撮影をされている方がみえたので、声かけをさせていただきました。無断での撮影はいかなる場合においても良くないことだと考えています。もし、自分の仕事中に無断で撮影されていたらどう考えるでしょうか。

ご理解とご協力をお願いいたします。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 07:08| 住宅型有料老人ホーム SARA(サラ)

写真撮影、動画撮影について

当院での写真撮影、動画撮影は患者さん、来院される全ての皆さま、職員のプライバシー保護のため、原則禁止としています。

また、診察、面談時の無断での録音、撮影等も禁止としています。

ご理解とご協力をお願いいたします。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 07:03| 岡部医院

2018年11月15日

2種類の肺炎球菌ワクチン(犬山市 ワクチン 内科 岡部医院)

肺炎球菌ワクチンはニューモバックスとプレベナーの2種類があります。
定期接種がはじまって、すでに肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)接種をしたという方も多いと思います。

5年ぐらいでワクチンの効果も落ちてくるので追加接種を推奨していますが、その時にはプレベナーというもう一つのワクチンを接種、その後に1年程度期間を空けて、ニューモバックスを追加接種するのが良いようです。

当院でも肺炎球菌ワクチンの追加接種を考える患者さんが増えてきました。接種歴を確認、本人と相談して追加接種をどうするか考えたいと思います。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:50| 岡部医院