2019年02月26日

犬山市のがん検診の統計(犬山市 内科 岡部医院)

犬山市のがん検診の統計を分析してみました。
がん検診で一番件数が多いのは肺がん検診でした。件数は7000件ぐらいです。

次が大腸がん検診で6000件ぐらいです。

肺がん検診は問診と胸部レントゲン検査をやります。痛みのある検査ではないので、毎年の検査を推奨します。胸部レントゲンは過去と比べることで、異常が分かりやすくなります。他にも心肥大なども分かります。検査の意義は、現場の医師として、主治医として患者さんのことを考えると、意義はあると考えます。

大腸がん検診は問診と自宅での検便で検査をやります。自宅で検便をするので、手間だけかかりますが、検診の中では有用な検査といえます。便の中に血液がないかを調べます。当院ではどれぐらい血液が混じっているかも測定しています。要精密検査となった場合は、大腸のカメラができる病院を紹介します。

胃がん検診の件数は4000件ぐらいですが
バリウム検査 1300件
胃カメラ検査 2700件
という割合のようです。以前はバリウム検査だけでしたが、胃カメラ検査の割合が私が思っているよりも、増えているようです。今後も胃カメラ検査の割合が増えていく可能性が高いと考えます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:54| 岡部医院

2019年02月25日

不眠症について(岡部医院 内科 犬山市)

不眠症について
岡部医院では睡眠指導も積極的にしています。

眠れないです→じゃあ、睡眠薬処方しておきます
というのは、問題の改善は得られない事が多いです。適切な睡眠薬の選択も困難です。

私は22時に寝るのが自分のルールなので、22時には睡眠薬を飲んで寝る、1錠では22時に寝られないから、2錠にするという方がいました。私は凄く不自然に思いました。24時ぐらいまで起きていたら、自然に寝られるのではないかと聞くと、そんな時間まで起きていられないと言っていました。何か変ですよね。

65歳以上の方の平均睡眠時間は6時間程度です。若い成人の平均睡眠時間も7時間程度です。年齢とともに睡眠時間は短くなりますし、睡眠も浅くなることが多いです。それは、生物としての宿命ともいえます。人間が一番熟睡できているのは乳幼児、幼児の頃でしょう。

高齢者の方は、まずは寝る時間を遅くしましょう。遅寝、早起きにすることが重要です。過度に睡眠を追いかけない事も重要です。睡眠は向こうから来るものです。追いかけると逃げていくので、より不安になる事もあります。朝起きた時に熟眠感があれば、睡眠時間などは気にしなくても良いです。

夜に眠くならないときは無理に布団に入らず、一旦部屋を明るくしてテレビを見たり、ラジオを聞いたり、本を読んだりしてリラックスしましょう。緊張がとければ、リラックスして眠くなってくることが多いです。
眠くないのに布団に入って消灯し、眠ろうとすると、焦って緊張してしまい、余計に眠れなくなります。

ポイントを2つ絞ると
1.睡眠時間、睡眠時間8時間にこだわらない
2.遅寝、早起きにする
だと考えます。

ただ、個人差も大きいので、自分でいろいろ判断するよりも、主治医に相談して、話し合いながら治療をしていくのが良いでしょう。いきなり、薬を止める、半分、倍量で飲むなど自己判断は止めときましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
C4CA9806-FBBC-41AB-8BD5-9E654AB46B86.jpeg
posted by okabeiin at 10:56| 不眠症

2019年02月23日

お別れ会に参加

総合犬山中央病院前院長である故竹腰昭道先生のお別れ会に出席させていただきました。
父の代から大変お世話になっており、父からもいろいろな話を聞いていました。

急遽、岡部医院を開業することになり、緊張をしていた開業初日に観葉植物をプレゼントして頂いたのを今でもはっきりと覚えています。

数年前には会食をしましょうという事で、2人で食事をした事も記憶に新しいです。

会食中も医師としての歩んできた道、当時も現役で外来診療、入院患者を受け持っていること、休みの日も医学書を開いて医学の勉強をしている事、ウォーキングで身体を鍛えている事など、いろんな話をしてくれました。

お別れの会に参加して、改めて岡部医院の事、父や私の事を気にかけてもらっていたこと、医師としてとても立派な先生であったと心から思いました。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:31| 岡部医院

2019年02月19日

花粉症について(花粉症 犬山市 内科)

花粉症の患者さんが少しずつ増えてきています。
風邪なのか花粉症なのかという相談も多いです。鑑別ポイントについてはいろいろありますが目の痒み、鼻閉については鑑別点としてはわかりやすいと考えています。

飲み薬で眠気の出る人は漢方薬や点鼻薬を使うと良いでしょう。

岡部医院院長 岡部誠之介
A23EAE70-74D8-4524-B412-80992A7B1406.jpeg
D135D370-BC2B-4976-8D32-6524AF9BB8AB.jpeg

posted by okabeiin at 10:29| 花粉症

2019年02月10日

休日診療所の当番日について

2/11は犬山市休日診療所の当番日です。
午前午後は犬山市休日診療所で診察、夕方17時から20時は岡部医院で診察をしています。
午前午後の受付は犬山市休日診療所にお問い合わせください。
犬山市休日診療所:
電話番号0568−62−8100
場所は国道41号線五郎丸交差点(マクドナルドがある)東へ300mです。 
posted by okabeiin at 17:25| 岡部医院