2019年05月27日

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査について

岡部医院でも睡眠時無呼吸症候群の簡易検査ができるようになりました。
自宅に装置を配送、検査自宅で受けることができます。

検査の流れとしては
@岡部医院に受診、問診、診察を受ける
A医院で検査指示書を作成、装置の配送日は約1週間後に設定する。
 医院から取扱業者にFAXをする
B配送希望日に装置が自宅に届くので、自分で機械を装着して検査をする。
 検査方法なども説明書に書いてあります。検査は1日だけです。
C検査終了後はすみやかに装置を返却、宅急便で返却 着払い伝票が入っています。
Dレポートが2週間程度で作成、医院に報告
 医院受診をして結果説明
 
という流れになります。

その検査でAHI(無呼吸低呼吸指数)が40以上、睡眠時無呼吸の症状がある場合はCPAPによる治療導入を推奨します。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 16:05| 岡部医院

受診時に必要なもの

当院に初めて受診される方や、これまで受診していても今月初めての受診の場合は、保険証をご用意ください。

「保険証」は毎月一回確認させていただきます。
保険証がない場合は、全額自費負担となることがあります。退職や転職などで保険の変更があれば、必ずその旨をおっしゃってください。

特定疾患で医療公費負担の対象となっている方や、身体障害者手帳をお持ちの方は、証明となる手帳などが必要です。

また、お薬手帳持参をお願いしています。他の医療機関に受診しているけど、薬の種類、名前が分からないという事が良くあります。白くて丸いの、大きいのとかでは判断できない事がほとんどです。

医療安全の立場からも、他の医療機関での処方が書いてある物、薬手帳、血液検査データなどを持参してください。

他の医療機関に受診しているけど、飲んでいる薬が分からないというのは診療に影響がでることがあります。
保険証とお薬手帳、薬の説明文書、採血結果などは一緒に保管しておくのが良いでしょう。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:39| 岡部医院