2019年05月29日

AGA診療のQ&A よくある質問 その2

フィナステリドについてのQ&A
・飲み始めると、どのように症状が改善していきますか?
治療効果は抜け毛が減ったかが目安になり、半年間内服をしてもらって効果判定します。
個人差はありますが、3,4ヵ月でうぶ毛が太くなり、伸びる、髪の質が変わってくるなどの症状の改善を感じる方が多いです。ここで効果のある方は薬が効いているということなので1年ぐらいするとより効果を実感できるようになります。

・服用時間は何時にすればいいですか?
食事の影響は受けないので、いつでも服用可能です。
毎日決まった時間に内服すると忘れないので、決まった時間に内服することを推奨します。

・実際の効果はどれぐらいなのですか?
正直に答えますと、フサフサに生えてくるというよりも、抜け毛が少なくなった、ボリュームが出てきた、髪が太くなったと感じられる方が多いです。効果を感じてもらえた方は継続して通院、治療を継続されています。1ヵ月、2か月では何も変わらない事が多いので半年間は頑張って治療を継続してもらうよう勧めています。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:00| AGA(男性型脱毛症)

女性の脱毛症(FPHL)の診察(犬山市 AGA FAGA 女性の脱毛症)

女性の脱毛症の治療も始めました。女性型脱毛症(FPHL:female pattern hair loss)とは女性のAGA(FAGA)の3タイプと休止期脱毛症、加齢変化の総称のことです。
女性にも男性型脱毛症は認められますが、男性とは異なり頭頂部の比較的広い範囲の頭髪が薄くなるパターンとして観察され、前頭部の生え際が残るのが特徴です。

休止期脱毛症とは鉄欠乏、亜鉛欠乏症、甲状腺疾患、膠原病などが基礎疾患として隠れていることがありますので丁寧な問診、診察も大事です。
内科的な視点から分析するのも重要で、甲状腺機能、亜鉛、鉄、女性ホルモンは採血で調べることができるので問診で疑われる場合は検査することも重要です。

女性の脱毛症に対しては当院では外用薬で推奨しています。
市販のものを使用することを推奨しています。半年間使用して効果判定、場合によっては漢方薬の併用もします。
市販のものとして
リアップジェンヌを推奨しています。
posted by okabeiin at 06:20| 岡部医院