2019年06月01日

慢性腎臓病について(慢性腎臓病 内科 犬山市)

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)とは、腎臓の障害が慢性的に続いている状態のことです。現在、患者さんは国内に1,330万人(成人の8人に1人)いるとされ、新たな国民病といわれています。

腎機能の低下は、簡易的には、血液中の老廃物の一種であるクレアチニン(Cr)の値と、年齢、性別から算出した、推算GFR(eGFR)の値で判断します。

近年、CKDが軽症であっても、心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気を招くことが分かってきました。腎臓そのものだけでなく、心臓や脳を守るためにも、定期的に検査をし、CKDの治療を早く始めることが大切です。それにより、腎機能の悪化の進行抑制、心血管イベント抑制の可能性が高くなります。

現在のところ進行してしまった慢性腎臓病を改善する薬は開発されていません。自分の推算GFR(eGFR)を知ることは、とても重要であると考えています。

また、腎機能低下に伴い、身体の中に水分、Naも貯留するので血圧が高くなることもあります。高血圧を指摘された方は腎機能も検査しておくことが重要です。尿検査では蛋白尿、アルブミン尿の有無を調べることも重要です。蛋白尿、アルブミン尿の有無で降圧薬の選択が変わってきます。

岡部医院院長 岡部誠之介
D4D32989-4FF2-4065-A0E4-ED954210D778.jpeg
5A2F4EB2-B943-4A91-9AE4-286F4966A248.jpeg5C8E5CEA-7D44-423E-9182-A6EEA2F8CFEE.jpeg
posted by okabeiin at 10:46| 岡部医院