2019年07月19日

AGA診療について

岡部医院では約5年前ぐらいから本格的にAGA診療に取り組むようになりました。
長くAGA診療をされている方から

「これでダメなら諦めようと思ってましたが、効果があるので満足してます。効かなくなるなどもなさそうですね」
とか
「床屋さんもびっくりしてました。みんな気になってるようです」
とお話を聞かせてもらうことがあります。
医師としてとても嬉しいことです。

また、AGA以外にも持病のことや、心配なことなど、いろいろ相談をしてもらうこともあります。

内科医としていろんな病気の診療をしていますが、AGA診療を続けていて分かったことがあります。

まずは、
・自由診療なので、国の保険制度を使っているわけではない。患者さんの実費だけで治療をしている。
・効果も十分に期待できる、診療をしていて、実感があります。
・ガイドラインに基づいた治療をしている。ただ、保険適応がないだけなのです。

まとめると
・医師も患者さんも満足度が高く
・ガイドラインに基づいている
・保険診療を圧迫しない
上記のような診療といえるでしょう。

ただし、効果には個人差もあります。レスポンダー、ノンレスポンダーがいます。
飲み始めて4ヵ月ぐらいで効果を実感される方はレスポンダーなのではないかと考えます。そういう方が何年も治療を続けるとかなりの効果が期待できるのではないかと考えます。

2017年のガイドラインに書いてある内容ですが、
フィナステリドの5年間の内服継続試験(日本人男性 801人を対象)において、写真評価での効果、症状の改善が99.4%の症例で得られたという報告があります。
岡部医院院長 岡部誠之介
73D84C17-4874-4085-B3B3-E7DD5F3E19A8.jpeg
posted by okabeiin at 09:35| AGA(男性型脱毛症)