2019年08月23日

ガン診療と漢方(犬山市 内科 漢方)

直接ガンに有効な漢方薬はありませんが、気力体力をつける漢方薬はあります。
いろいろな訴えが少しでも楽になれば何より
と考えて漢方薬を処方します。

西洋医学と併用することもできますし、邪魔をすることもありません。
副作用や身体に合わないという事もありますが、その時は中止すれば問題ありません。

在宅診療で高齢の直腸がんの進行期の患者さんを診療しているときに肺転移、胸水貯留もあったので人参養栄湯を処方しました。

人参養栄湯は肺転移を伴うがん、肺がんなどで症状が緩和されるといわれています。
ガンを治すわけではありません。

そして、最終段階、最後まで元気にというときには真武湯、人参湯を使います。
この患者さんでは人参養栄湯、真武湯を最後に併用しました。

この患者さんは比較的穏やかに生活をされていましたし、診断後もデイサービスに通っていました。
薬も漢方と痛み止めを少し使う程度で最後まで診療させていただきました。

他にも貧血などが予想される場合には十全大補湯を使用します。
人参養栄湯と十全大補湯には地黄が入っているので、稀に胃を刺激して食欲不振になることがあるのでその時は中止する必要があります。

浮腫が気になる場合には五苓散を使用します。

食欲不振は
食事を食べる気が起きない場合は補中益気湯
食べる気はあるけど入っていかないときは六君子湯
を使用します。

漢方薬の知識、使用経験があって、甘草による副作用が気になる場合には、甘草がどれぐらい入っているかなどが分かっていれば、ほとんど安全に漢方薬は使用することができます。
また、漢方の量についても1日1包で良い場合もありますし、1日3回絶対に飲まないといけないものではないと考えています。

他にも患者さんの話を良くきくことも重要です。
漢方は前に処方してもらったけど嫌いだという患者さんがいました。
話を聞くと大建中湯が合わなかったようです。大建中湯はピリッとする味で山椒が入ってます。

山椒は嫌いですか?と聞いたら
山椒は大嫌いと言っていました。

山椒が嫌いに人に大建中湯が合うわけないですね。
山椒の入ってない漢方は処方したら、これは飲みやすいと喜ばれました。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 16:03| 漢方内科

2019年08月21日

自費点滴治療(犬山市 点滴 にんにく注射)

保険診療では点滴の内容に制限があります。

岡部医院では自費の点滴も行っています。
メニューは下記のとおりになります。詳しくは医師にご相談ください。
(料金は全て税抜きです。)

・疲労回復点滴
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、ビタミンC
1700円(税抜き)
ビタミンB1は細胞の新陳代謝を盛んにし、神経や筋肉の動きを活発にすることで
疲労や倦怠感などの回復に効果を発揮します。
スポーツ選手などに愛用者が多いです、疲労回復に役立ちます。

・疲労回復S点滴
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、ビタミンC、タチオン、アデラビン
2000円(税抜き)
疲労回復点滴にタチオン、アデラビンが入っています。

・疲労回復院長S 
ビタミンB1(にんにく)、α‐リポ酸、高濃度ビタミンC、タチオン、アデラビン、エントミン
2500円(税抜き)
ビタミンCが2倍量、エントミンも追加されています。

・肝臓点滴
アデラビン、強ミノ、タチオン
2000円(税抜き)
二日酔いになってしまった、二日酔い対策をしたい方にお勧めです。

疲労回復院長S 2500円(税抜き)を選択される方が多いです。
posted by okabeiin at 10:16| 岡部医院

2019年08月20日

受診時に必要なもの

当院に初めて受診される方や、これまで受診していても今月初めての受診の場合は、保険証をご用意ください。

「保険証」は毎月一回確認させていただきます。
保険証がない場合は、全額自費負担となることがあります。
退職や転職などで保険の変更があれば、必ずその旨をおっしゃってください。

特定疾患で医療公費負担の対象となっている方や、身体障害者手帳をお持ちの方は、証明となる手帳などが必要です。

また、お薬手帳持参をお願いしています。
他の医療機関に受診しているけど、薬の種類、名前が分からないという事が良くあります。
白くて丸いの、大きいの、とかでは判断できない事がほとんどです。

医療安全の立場からも、他の医療機関での処方が書いてある物、薬手帳、血液検査データなどを持参してください。

他の医療機関に受診しているけど、飲んでいる薬が分からないというのは、診療に影響がでることがあります。
保険証とお薬手帳、薬の説明文書、採血結果などは一緒に保管しておくのが良いでしょう。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:08| 岡部医院

風邪について(犬山市 内科)

風邪についての面白そうな本を読んでみました。考え方としていろいろあると思いますが、
喉の痛みは唾を飲み込んで痛い場合(嚥下痛)は
喉に炎症がある

咳をすると喉が痛い、唾を飲み込んでも喉はあまり痛くない場合は
気管支以下の炎症の可能性がある

と考えます。

寒気、悪寒も三段階に分けて考える。
悪寒戦慄:体が震えて止まらない(止めようと思っても止められない)
悪寒:毛布をかぶりたくなる(止めようと思えば震えは止まる)
寒気:セーターをはおりたくなる
と三段階で考えます。悪寒戦慄は要注意で、重症の可能性を考えます。

よくある疾患の中にもいろいろな病気が隠れている場合がありますので、どんな症状でもいいので、気になることがあれば医師にお伝えください。

炎症の原因がある、寒気などがある場合は、採血をして白血球数やCRPなどを調べることが多いです。
見た目なども重要ですが、高齢者では重症であることが表に出ない事が良くあります。

血液検査は結果が正常であっても今後の参考値になりますし、客観的な数値で、重要なものです。
血液検査データは自分で大切に保管しておいてください。
岡部医院院長 岡部誠之介

image-5804d.jpeg

posted by okabeiin at 09:51| 岡部医院

2019年08月19日

岡部医院グループの食事

今日の
岡部医院グループの昼食は天ぷらでした。

厨房ですべて作っています。

以前よりも料理のメニューが増えてます。ラーメンが出ることもあります。
11B6DCE0-7F6A-44A4-96F3-3F4B4A202BEC.jpegA55A2896-9777-4E14-99D6-7596E099ED8F.jpeg
posted by okabeiin at 11:47| 岡部医院