2021年08月27日

コロナ抗原検査は発熱症状、風邪症状、濃厚接触がある場合、医師が必要と判断した場合は公費検査の対象となります。

コロナ抗原検査は発熱症状、風邪症状、濃厚接触がある場合、医師が必要と判断した場合は公費検査の対象となります。
診察料については保険診療の自己負担が発生します。

コロナ抗原検査の場合は検査から10−15分程度で結果が出ます。
陽性の場合は保健所に連絡をして指示があります。
検査の精度は100%ではないので、体調の変化には注意して、必要に応じて再検査や発熱外来受診を推奨する場合があります。
コロナ陽性で保健所に連絡、保健所からの指示があった患者さんについてはその後の療養の診察料は公費になります。(愛知県保険医協会に確認)

岐阜県の方は保健所の管轄が違うので岐阜県でのコロナ検査を推奨します。

例)
コロナ抗原検査の必要性があると判断
抗原検査陰性だった場合
公費の検査 749点は公費負担になります

初診料
院内トリアージ実施料
処方料
薬代
などは保険診療の自己負担分が必要です。 
診察の内容によりますが3割の人で自己負担2000−5000円程度は必要です。


何も症状はない、濃厚接触もない
旅行にいくから検査してほしい、心配だから検査してほしいという
場合は公費負担の検査の対処にはなりません。すべて自費の検査になります。ご了承ください。


岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:06| 岡部医院

2021年08月26日

犬山市でもコロナ陽性の人数が増加しています。正常な医療体制は機能しなくなりました。

犬山市でもコロナ陽性の人数が増加しています。ピークもいつになるか分かりません。
保健所の業務も業務過多で機能していません。濃厚接触も追えていません。誰が検査対象なのかも聞き取りはできていません。

また、総合病院などでも外来中止、入院中止、救急外来中止が起きています。
正常な医療体制、いつもの医療体制は機能しなくなりました。

防ぐことのできる救急搬送はなるべく自分で予防するしかないです。何かあった時に救急搬送はいつものようにできない状態です。

具体的にいうと
外での重作業、運動は避けてください。
熱中症で救急搬送されるリスクが下がります。

過度の飲酒は避けてください。
急性アルコール中毒、痛風などで救急搬送されるリスクが下がります。

重いものをもつ、高いところで作業をする、危険な作業をすることは避けてください。
急性腰痛症、転落など外傷で救急搬送されるリスクが下がります。

また、自分がコロナ陽性になった時にどのように生活をするのかと、酸素飽和度を測定できる機械を持っておくなどの準備もおすすめします。
災害級のコロナ感染拡大が起きています。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 21:57| 岡部医院

2021年08月25日

デュタステリド内服について ガイドラインより抜粋

推奨度:A(男性型脱毛症)、D(女性型脱毛症)
推奨文:男性型脱毛症にはデュタステリド内服を行うよう強く勧める(推奨度A)
一方,女性型脱毛症には行うべきではない.

症例数が最も多い本邦を含めた国際臨床試験で,
デュタステリド 0.5 mg/日とフィナステリド1 mg/日を用いた,917名の男性被験者を対象とした観察期間 6カ月のランダム化比較試験において、全毛髪数と毛直径の増加についてはデュタステリドの方が優れた効果を示したが,直径 60 μm 以上の硬毛数では両者間に有意な差がなかった.

さらに,頭頂部および前頭部の写真評価のため,著明悪化−3 から著明改善+3の 7 ポイントスコアリングが行われ,治験担当者のスコアリングでは両群間に有意な差はなかったが,3 名のエキスパートパネルによる評価ではデュタステリドの方が優れた効果を示した.
しかし,その点数差は頭頂部では 0.14,前頭部では 0.24 とわずかなものであった.したがって,両者の効果差については今後さらなる検討を要する.

国内で実施されたデュタステリド 0.5 mg/日を用いた,120 名の男性被験者を対象とした観察期間 52 週間の非ランダム化試験において,直径 30 μm 以上の非軟毛数,硬毛数,非軟毛直径が 52 週に各々 13.5/cm2,15.2/cm2,6.5 nm 増加した.
皮膚科医のパネル 3 名による頭頂の写真評価(7 ポイントスコアリング)では,
26 週に 1.34,52 週に 1.50 といずれもベースラインより有意に毛量が増加した.
しかし,26週から 52 週にかけて有意な改善があったかどうかは統計学的に明らかではない.

デュタステリドの副作用に関して,前述の国際臨床試験において37),有害事象頻度はリビドー減少 3.3%,インポテンツ 5.4%,射精障害 3.3%,
韓国の 712 例,平均観察期間 204.7 日の市販後調査39)では,リビドー減少 1.3%,インポテンツ 1%,射精障害 0.1%であった.
他方,前述の国内非ランダム化試験(120 例,52 週
間)38)では,リビドー減少 8.3%,インポテンツ 11.7%,射精障害 5.0%と比較的高率であった。

以上より,投与にあたっては添付文書の記載をよく読んだ上で,性機能障害を含めた副作用についても十分な説明と同意が必要である。

また,デュタステリドを投与中の男性型脱毛症患者において,前立腺癌診断の目的で血清PSA 濃度を測定する場合は,2 倍した値を目安として評価すべきである40).
さらに,フィナステリド同様,妊婦に投与すると DHTの低下により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあり女性への投与は禁忌である.

以上のように,男性型脱毛症に対するデュタステリド内服の発毛効果に関して,高い水準の根拠があるので,内服療法を行うよう強く勧める.他方,女性型脱毛症には内服療法を行うべきではない.

とガイドラインに記載されています。

実際に臨床での使用経験としてはフィナステリドで効果があまり感じられないという人に、デュタステリドに切り替えた場合に効果を実感できたという人は何例も経験していますが、すべての症例でデュタステリドが有用であるという事ではないと考えます。
AGAの進行度、年齢などで薬剤を使い分けていくのが良いと考えます。

AGA診療を何年も行っていて思うのが、個別に薬剤は選択して治療をする、最低半年は治療をしないと効果は出ないので、無理のない範囲での治療を推奨する。
このあたりが重要なのではないかと考えます。

一部のAGA専門クリニックなどではカウンセラーが問診、治療方針などを決めて、バイト医師が承認だけをする事があるようです。
診断、治療、効果の判定に医師があまり関わらない場合は副作用の判定や治療に対しての責任が曖昧になる可能性があります。いつでも経験のある同じ医師が診療をするというのはどんな病気においても重要なことです。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 18:24| 岡部医院

2021年08月20日

AGA治療の基礎、ベースの治療

フィナステリド or デュタステリドの内服が
AGA治療の基礎、ベースの治療です。

ベースの薬剤であるフィナステリド、デュタステリドの処方は医師にしか行うことができません。

岡部医院のAGA治療は診察料はありません。
下記の薬の料金だけしか発生しません。

@フィナステリド1錠150円から
Aデュタステリド1錠175円

Bミノキシジル7% 外用薬6490円
(約1ヵ月分)
Cミノキシジル5mg 内服薬1錠150円
(100錠単位)1日1錠で100日分

一般的には
@の単剤での治療
もしくは
@+Bの併用での治療
でスタートされる方が多いです。

治療を半年ぐらいで効果をみて、他の薬剤への変更などを検討していきます。

@フィナステリド1錠150円からなので
30日で4500円から
Aデュタステリド1錠175円なので
30日で5250円
になります。

※薬代以外の料金は発生しませんのでお気軽にご相談ください。
※初診時は医院で問診票の記入をお願いしています。
※ミノキシジル5mgは100錠単位になります。

@フィナステリドの単剤での治療で経過をみていた方がもう少し治療を強化したいという場合には

Bミノキシジル外用の併用

Aデュタステリド内服への切り替え

Cミノキシジル内服も検討

などを患者さんと相談をしながら治療を決めていきます。

名古屋のAGA専門病院などでは
@フィナステリド内服とCミノキシジル内服と独自のサプリメント
の三種類の処方で1年で30万円ぐらい請求されたという方の相談が今までに複数回ありました。
さすがそれは高価だと思います。独自のサプリメントもそこまで高級なわけもなく、効果、根拠も乏しいと考えます。

岡部医院ですと
@とCの内服を1年しても365×2×150円で109500円です。
名古屋のAGA専門クリニックの300000円の請求は高すぎると思います。
差額の約19万円がサプリメントの料金と診察料というのは強引だと思います。

もちろん広告費、名古屋の賃貸料、医師のバイト料、受付の人件費などいろいろと費用がかかるのは分かりますが、そういった請求を受けた場合は良く考えてみて、セカンドオピニオンなど他のAGA治療をしているクリニックに相談してみるのも良いと思います。
posted by okabeiin at 17:54| 岡部医院

2021年08月16日

診断書について

・診断書(当院での保険診療に伴う診断書)

・診断書(交通事故、民間保険会社、自費診療)

・交通事故 後遺障害診断書

・障害者手帳申請

・障害年金診断書

・認知症の成年後見人の書類

・初診及び受診状況証明書

・死亡診断書

これらの診断書はその場ですぐに書けないものや
詳細の分かる紹介状などが必要なケースがあります。
紹介状に病名や経過などが記載されていないこともあります。
その場合は障害者申請の書類の記載ができないこともあります。

また診断書の料金は自費になりますので、電話で確認をしてから来院してください。

いきなり書類だけ持ってこられてもその日には対応できないケースもあります。
また、問診、診断、検査などに1時間以上かかる場合もあります。
ご了承ください。

必ず電話で確認、予約をしてから来院してください。
posted by okabeiin at 18:39| 岡部医院