2018年08月11日

訪問診察(犬山市 有料老人ホームSARA 岡部医院)

有料老人ホームSARAでは岡部医院との連携により、24時間体制で入居者の体調管理に努めています。

訪問診察はほとんど院長である私が行なっています。素早い対応がとても大事です。高齢者では風邪もこじらせると肺炎となります。何となく元気がないというだけで調べてみると異常があることがあります。

何かおかしい、いつもと違うと感じるには
いつものその人の体調、血圧、採血、既往歴などを把握しておく必要があります。
足がむくんでいるのも心臓の機能、腎臓の機能、採血結果を考えて診療をするか、しないかで大きく違います。何年も診療をしている患者さんの体調の変化には気が付くことが多いです。

また、タブレット端末で採血データがわかるようにしてあるので、その場で説明、治療方針を決定することができます。こうした医療の質の違いは目に見えては分かりにくいですが、患者さんの満足、救急搬送の減少などにつながります。

医療の質はあまり関係ない、みんな同じようなものと考えている方もいるようですが、本当にそうなのでしょうか。少なくとも私は最後まで診療させていただく責任、自分の行っている医療が患者さんのマイナスにならないようにという思いをもって診療、地域のかかりつけ医を行っています。

岡部医院院長 岡部誠之介
IMG_0052.JPG
posted by okabeiin at 06:37| 住宅型有料老人ホーム SARA(サラ)