2017年05月23日

認知症の画像検査(認知症 犬山市 内科)

認知症が疑われる患者さんあるいは認知症を心配し受診してきた患者さんには、原則として脳の検査を行います。慢性硬膜下血腫、脳出血、脳梗塞などの病気で認知機能低下が起きている場合があるからです。当院では病診連携により頭部CTは犬山駅西病院ですぐに施行してもらえることが多く、その日のうちに検査結果がわかります。頭部CTの診断も神経内科専門医と行っています。頭部CTだけでは診断がつかないケースなどでは犬山中央病院、江南厚生病院、小牧市民病院で頭部MRI検査、SPECT検査、ダットスキャンなどの追加の検査をしています。
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)
posted by okabeiin at 12:33| 認知症