2017年07月26日

緩やかな糖質制限について(犬山市 食事療法 メタボ外来)

 緩やかな糖質制限とは一食あたりの糖質量を20-40gに抑えた上で、糖質10g以下のデザートもプラスして1日の糖質量を70-130gにコントロールする食事療法の事です。低糖質を英訳するとローカーボハイドレートとなるので略してロカボと呼ばれる事もあります。
 糖質とは糖質=炭水化物−食物繊維と表せます。売っているものの多くには炭水化物量が表示されているので一度、確認してみてください。そば、うどん、おにぎりは炭水化物で食後の血糖値は上がりやすく、インスリンも多く分泌されるので体重は増加します。お昼に小さいそば、うどん、おにぎりだけではカロリーは少ないですが体重が減ることは期待できません。一緒に、サラダ、ゆで卵などを食べましょう。炭水化物だけの食事というのは避けるようにしましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:42| 糖尿病