2018年11月14日

風邪についての勉強(犬山市 内科 風邪)

風邪の定義はほとんどの場合、自然に良くなるウイルス感染症で多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった多症状を呈するウイルス性上気道感染のこと。上気道とは鼻腔、口腔と喉頭のことです。基本的にウイルス感染はいろいろ症状(咳、鼻汁、咽頭痛)を伴い、細菌感染は原則として単一の臓器に一種類の菌が感染するのが特徴です。つまりは咳、鼻汁、咽頭痛を急性に同時に同程度訴える患者さんは風邪であるといっていいでしょう。

先日、咳がひどい、痰も出る。鼻水はなくて、のども痛くないという患者さんがいました。これは気管支以下に炎症があるパターンで鼻汁、咽頭痛はないので風邪のパターンとは違うなと考えました。レントゲンを撮影してみると気胸という肺に穴があいている病気でした。すぐに総合病院に紹介させていただきました。風邪症状を呈する病気はたくさんあります。症状が典型的ではないものでは要注意ですね。

また、最近ではPL配合顆粒という薬が市販されたようです。PL、PLと愛用される方もいます。PL配合顆粒には咳止めの成分は入っていません。咳だけの症状でPL配合顆粒を飲んでもあまり効果は期待できません。この薬にはカフェインが入っているので、それが愛用される理由かもしれませんね。
風邪は奥が深いです。

抗生剤もほとんどの上記のようなウイルス性の風邪には効果はありません。先日の休日診療所でも1例しか抗生剤の処方、必要性を考えませんでした。

ウイルス性か細菌性かを考えるのは症状や所見などで、いま抗生剤が必要かを考えるのはその人の年齢、今後の経過をある程度想定して処方をしています。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 07:43| 岡部医院