2018年09月20日

漢方という名前の由来(犬山市 内科 漢方)

漢方という名前は江戸時代についた名前です。
その頃には中国由来の医学が日本で独自に発展していましたが、特に名前などはありませんでした。

日本は鎖国の時代でオランダから西洋医学が入ってきて、それを蘭方と呼んでいました。
蘭方と日本独自の医学を分けるために、日本独自の医学を漢方という名前がつけられました。

日本の漢方医学は日本独自のものといってよいでしょう。
また、日本では西洋医学を学んだ医師が漢方の処方ができるので診断は西洋医学、症状の緩和に西洋医学が効果がないときに、漢方薬を使う事ができます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 20:00| 岡部医院