2018年10月30日

禁煙外来(禁煙 犬山市 岡部医院)

岡部医院では禁煙外来を行なっています。しかしながら、私が考えているより、禁煙外来の受診者が少ないです。
自分のやれる事としては、禁煙外来のパンプレットを喫煙者に定期的に配る、禁煙補助薬を院内処方、岡部医院だけで治療を完結できるようにするなどを考えています。

推論ですが
喫煙者の多くは、

将来の健康リスクを低く考えている

自分は大丈夫、病気にならないという主観的確率と客観的確率の乖離

禁煙したいけど、禁煙すると精神的に辛いから、来年からにしようという
損失回避、現在バイアスから生じる先延ばし行動と解釈する事ができます。

将来の健康リスクも十分に理解しているし、結果としてタバコが原因で病気になっても悔いなし、という喫煙者は少ないのではないでしょうか。また、実際に病気になった時に後悔するでしょう。

一時的な禁煙の辛さは、金銭的な損失と一緒に考えてみましょう。
禁煙すると
タバコが一箱500円として
2日で一箱なら
30日で7500円の金銭的損失を回避する事ができます。
1年で9万円の金銭的損失回避が可能です。
10年で90万円、海外旅行に行けますね。

更には禁煙する事で喫煙前の余命を取り戻す事ができるといわれています。
禁煙する年齢が
50歳でも6年、60歳で3年の寿命を取り戻す事ができるといわれています。(日本医師会HPより)

ここまで読んで下さった喫煙者の方は少し禁煙をしたくなったのではないでしょうか。
ネット予約も受け付けています。
どんなことでもご相談ください。
岡部医院院長 岡部誠之介


posted by okabeiin at 08:08| 岡部医院