2019年02月25日

不眠症について(岡部医院 内科 犬山市)

不眠症について
岡部医院では睡眠指導も積極的にしています。

眠れないです→じゃあ、睡眠薬処方しておきます
というのは、問題の改善は得られない事が多いです。適切な睡眠薬の選択も困難です。

私は22時に寝るのが自分のルールなので、22時には睡眠薬を飲んで寝る、1錠では22時に寝られないから、2錠にするという方がいました。私は凄く不自然に思いました。24時ぐらいまで起きていたら、自然に寝られるのではないかと聞くと、そんな時間まで起きていられないと言っていました。何か変ですよね。

65歳以上の方の平均睡眠時間は6時間程度です。若い成人の平均睡眠時間も7時間程度です。年齢とともに睡眠時間は短くなりますし、睡眠も浅くなることが多いです。それは、生物としての宿命ともいえます。人間が一番熟睡できているのは乳幼児、幼児の頃でしょう。

高齢者の方は、まずは寝る時間を遅くしましょう。遅寝、早起きにすることが重要です。過度に睡眠を追いかけない事も重要です。睡眠は向こうから来るものです。追いかけると逃げていくので、より不安になる事もあります。朝起きた時に熟眠感があれば、睡眠時間などは気にしなくても良いです。

夜に眠くならないときは無理に布団に入らず、一旦部屋を明るくしてテレビを見たり、ラジオを聞いたり、本を読んだりしてリラックスしましょう。緊張がとければ、リラックスして眠くなってくることが多いです。
眠くないのに布団に入って消灯し、眠ろうとすると、焦って緊張してしまい、余計に眠れなくなります。

ポイントを2つ絞ると
1.睡眠時間、睡眠時間8時間にこだわらない
2.遅寝、早起きにする
だと考えます。

ただ、個人差も大きいので、自分でいろいろ判断するよりも、主治医に相談して、話し合いながら治療をしていくのが良いでしょう。いきなり、薬を止める、半分、倍量で飲むなど自己判断は止めときましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
C4CA9806-FBBC-41AB-8BD5-9E654AB46B86.jpeg
posted by okabeiin at 10:56| 不眠症