2019年03月06日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の勉強会に参加してきました。

江南厚生病院で行われた睡眠時無呼吸症候群(SAS)の勉強会に出席してきました。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は簡易検査、精密検査、治療の主体であるCPAP(持続陽圧呼吸療法)装置による治療を病診連携して行うことが重要です。

岡部医院では現在、CPAP治療を受けられている方を診療、フォローさせていただいてます。
今後は肥満の増加、仕事で運転をされる方への検査など、簡易検査、精密検査、治療を受けられる方が増加することが予想されます。岡部医院でも簡易検査を行い、紹介先の医療機関で精密検査、CPAP治療の導入、フォローを安心して受けられるような体制を整えていこうと考えています。

総合犬山中央病院の院長の齊藤雅也先生も参加されており、総合犬山中央病院では、SASの精密検査機器を新しくして、歯科医とも連携、マウスピース作成等も行っていると伺いました。齊藤先生は常々、栄養、睡眠、リハビリ(運動)が健康にはとても重要であるとおっしゃられます。私もその通りだなあといつも思います。

勉強会は夜間の開催でしたが、大先輩の先生方が積極的に参加されているのをみて、モチベーションがあがりました。
岡部医院院長 岡部誠之介
A6EC9A0C-AF38-44C2-B302-FC9B9DDE04D7.jpeg2C1D7B14-424D-432A-98EA-DE1A794788A5.jpeg
posted by okabeiin at 09:50| 岡部医院