2019年05月18日

アデノシンの外用について

アデノシンの外用について
2017年の脱毛症診療ガイドラインにおいて

男性型脱毛症はB
女性型脱毛症はC1
になりました。

男性型脱毛症においてはランクが上がりました。5%ミノキシジル外用と比べて同等の有用性を示すランダム化試験が報告されたからです。


この300mlのもので2ヶ月分なので、値段的には5%ミノキシジルよりも低価格です。

1ヵ月(30日)で比較すると 
アマゾン価格では(R1 5/22)

アデノゲン(アデノシン)150mlは5475円
5%ミノキシジル リアップ 7611円
スカルプD メディカルミノキ5 7800円
になります。
岡部医院では
フィナステリド1mgは1錠200円 30日で6000円
デュタステリド0.5mgは1カプセル200円 30日で9000円
で処方しています。診察料はありません。

外用剤の方がフィナステリド内服より有用であったというデータはなく、専門書などにも、ミノキシジル外用より、フィナステリド内服の方が有用ではないかと書いてあります。

私の医学的な視点からみると
フィナステリド内服
併用して
5%ミノキシジルかアデノシン
アデノシンは価格的にはアデノシンの方が内服と併用するなら良いのではないか、という判断になります。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 11:47| AGA(男性型脱毛症)