2019年07月29日

糖尿病の治療薬の進歩

糖尿病の治療薬は
2009年のDPP-4阻害薬の発売とその後の新しい薬の発売によって、かなり変化しました。

DPP-4阻害薬その後もいろんな種類の薬が発売され、1日1回の内服、週に1回の内服でOKな薬もあります。
低血糖の心配がない、副作用が少ない、高齢の方でも使用できるので、この薬の発売で実際の臨床現場での糖尿病治療は大きく変わった思います。

同じころにGLP-1受容体作動薬の注射剤も販売開始になりました。
この薬も週に1回の製剤が発売されるなどして、在宅医療などでも使いやすい薬です。
胃からの食物排泄速度を遅くする、食欲中枢に作用して食べ過ぎないようになる効果もあるそうです。
体重減少作用も報告されています。

他にも
2014年にはSGLT2阻害薬といって、尿に過剰な糖分を出す(腎臓での糖の再吸収を抑制)する薬が発売されました。この薬の最初は脱水などの副作用が心配されていましたが、思っていたよりも副作用は少なく、血糖値を下げるだけではなく、他にも糖尿病の合併症のリスクを下げるなど、良い作用があるのではないかと考えられています。

さらには
GLP-1受容体作動薬の内服薬が海外では販売、日本でも販売されるのではないかと聞いていましたが、承認申請が7/24にされたそうです。1日1回の服用で、同剤が承認されれば、初の経口投与タイプのGLP-1受容体作動薬となります。
新しい薬は薬の機序や副作用、海外での承認の有無などに注意する必要がありますが、この薬が販売されたら、糖尿病治療もまた進化するのではないかと考えます。

ただ、薬がどんなに進歩しても、基本は食事療法・運動療法です。
甘いものの食べ過ぎ、最近では甘い飲み物が要注意だと考えてます。野菜ジュースも血糖値が上がるので要注意です。
早食いをしない、野菜から食べて、最後に炭水化物にする。
よく歩く、運動をする、長時間座らない。
なども重要なことだといえるでしょう。
岡部医院院長 岡部誠之介

posted by okabeiin at 10:19| 岡部医院