2020年01月23日

風邪の定義 咽頭炎に対しての診療と治療

風邪の定義はほとんどの場合、自然に良くなるウイルス感染症で多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった多症状を呈するウイルス性上気道感染のこと。

上気道とは鼻腔、口腔と喉頭のことです。基本的にウイルス感染はいろいろ症状(咳、鼻汁、咽頭痛)を伴い、細菌感染は原則として単一の臓器に一種類の菌が感染するのが特徴です。つまりは咳、鼻汁、咽頭痛を急性に同時に同程度訴える患者さんは風邪であるといっていいでしょう。


咽頭痛だけという場合は嚥下痛があるかどうかを確認、嚥下痛がある場合には咽頭付近に強い炎症があると考えて注意深く診察をします。


咽頭痛には消炎鎮痛剤、ツムラ109番などを使って症状が早く改善することを目標に治療を行います。ハチミツなども抗炎症作用があるので摂取を推奨します。

喫煙者の方には咽頭炎をきっかけにタバコを少なくする、やめましょうと推奨しています。


posted by okabeiin at 11:27| 岡部医院