2020年03月02日

フィナステリドの海外輸入品の導入を検討 リーズナブルなAGA治療を

デュタステリドの海外輸入品
ミノキシジル7%外用薬
については厚生労働省の許可(薬監証明)を得て、輸入しています。

「医師の個人輸入」という方法で海外の優れた医薬品を治療に用いることは制度として認められています。

上記以外にも
フィナステリドの海外輸入品も処方できないか検討しています。
現在よりも値段が安くなり患者さんの経済的負担が少なくなると考えます。
興味ある方は当院までご相談ください。

フィナステリドの海外輸入品も導入することにしました。
また女性用の育毛剤であるウィメンズロゲイン(ミノキシジル2%外用薬)も導入することにしました。

これにより岡部医院でのAGA治療の選択肢が増えて、女性のAGAに対しても治療を行うことができるようになります。
今月の中旬からは処方できるようになります。詳しくは医師にご相談ください。

岡部医院院長 岡部誠之介
FB6458AC-F861-4C20-8783-EC9EA4146D2D.jpegA44EF1F5-9882-4666-81B0-F98200BAFC54.jpeg


posted by okabeiin at 16:00| 岡部医院