2020年07月02日

LDLコレステロール

高LDLコレステロール血症患者ではスタチン薬投与によって、
LDLコレステロールを39mg/dl低下させるごとに
冠動脈イベント(心筋梗塞)、脳梗塞をそれぞれ24%、20%低下それぞれ低下することが示されています。

脂質異常症の治療をなぜしているのかというと、コレステロール、中性脂肪の値を下げて値を良くするために行っているのではなく、心筋梗塞、脳梗塞になるリスクを下げるため、動脈硬化の進行を穏やかにするために治療をしています。
頸動脈エコーなどで動脈硬化の具合を確認することが重要です。

また、LDLコレステロールが200のひとは120の人に比べて心筋梗塞が起こる確率が4倍以上高い事も分かってきています。これに、高血圧、糖尿病、喫煙が加わるとさらにリスクは高くなるでしょう。

会社の健康診断でLDLコレステロールが高い、200前後の人はすぐにでも内科医院を受診しましょう。

自分だけは大丈夫だろうというのは危険です。
岡部医院院長 岡部誠之介
F20E4D87-14E2-4FB8-AD08-253A13C7ED39.jpeg
396DBF63-CD58-4739-819E-3FA9C2E077DC.jpeg
posted by okabeiin at 08:29| 岡部医院