2021年06月01日

SARS-CoV-2 IgG抗体について 前回のブログの続き

SARS-CoV-2 IgG抗体について 前回のブログの続き

判定基準は
1.0 U/ml未満は陰性
1.0 U/ml以上は陽性
と判定されます。

ただし、臨床的にこの値がどれぐらいあると感染予防、重症予防の意味があるかははっきりとは分かっていません。陽性だから大丈夫という話にはなりません。

実際に自分で測定してみると

5/1
コロナワクチン(ファイザー社製)の接種前は0.5 U/ml未満
5/7
13:30にワクチン接種 1回目
5/24
測定 0.81 U/ml
5/28
測定 0.91 U/ml
という結果になりました。

SARS-CoV-2 IgG抗体の抗体価は24日の時点で上昇していました。
28日も上昇傾向ですが、1.0は超えていません。

2回目の接種でさらにSARS-CoV-2 IgG抗体の抗体価は上がるのだろうと推測します。
経過をみていきたいと思います。

他にコロナ感染後の人も測定してみたところ、2.0以上に上昇をしていました。

コロナ感染後の人が2.0以上だったことを考えると、2回目の接種でそこまで上がるだろうと考えます。

次回は2回目の接種から1週間後の6/4に抗体を測定しようと思います。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:27| 岡部医院