2021年08月26日

犬山市でもコロナ陽性の人数が増加しています。正常な医療体制は機能しなくなりました。

犬山市でもコロナ陽性の人数が増加しています。ピークもいつになるか分かりません。
保健所の業務も業務過多で機能していません。濃厚接触も追えていません。誰が検査対象なのかも聞き取りはできていません。

また、総合病院などでも外来中止、入院中止、救急外来中止が起きています。
正常な医療体制、いつもの医療体制は機能しなくなりました。

防ぐことのできる救急搬送はなるべく自分で予防するしかないです。何かあった時に救急搬送はいつものようにできない状態です。

具体的にいうと
外での重作業、運動は避けてください。
熱中症で救急搬送されるリスクが下がります。

過度の飲酒は避けてください。
急性アルコール中毒、痛風などで救急搬送されるリスクが下がります。

重いものをもつ、高いところで作業をする、危険な作業をすることは避けてください。
急性腰痛症、転落など外傷で救急搬送されるリスクが下がります。

また、自分がコロナ陽性になった時にどのように生活をするのかと、酸素飽和度を測定できる機械を持っておくなどの準備もおすすめします。
災害級のコロナ感染拡大が起きています。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 21:57| 岡部医院