2021年10月20日

B 10/20は(10と20で)頭髪の日なのでブログ更新 AGA診療の質問箱 初期脱毛について

ミノキシジルの使用を開始した際に、ごくまれに「初期脱毛」が起こることがあります。
初期脱毛とは、新しい髪の毛が十分に成長するまでの間、一時的に抜け毛が増えてしまう現象のことです。髪の毛の成長にとって必要なことですが、薬の作用で抜け毛の増加が起こるため不安を感じる方も少なくありません。
また、初期脱毛には個人差があり、抜ける量が少ない方もいれば多い方もいます。一般的に初期脱毛はミノキシジルの使用を開始してから約2週間〜8週間ほどで起こることが多く、その後ヘアサイクルが安定すると共に脱毛は減少していきます。

もう少し詳しく説明すると
頭皮には通常約10万本の発毛があり、その90%が活動期、10%が休止期にあり。毎日約100本程度の休止期の毛髪が抜けます。この発毛サイクルはさまざまなホルモン、サイトカイン、免疫、栄養状態、季節変動、年齢の影響を受ける。※AGAの特徴は頭頂部から男性では前頭部から頭頂部にかけて脱毛するのが特徴

ミノキシジルの薬の作用によって、休止期にあった毛包が成長期に入るため、古い頭髪が抜けているのであって、やがて成長した頭髪になります。心配しなくても大丈夫です。

頭皮が痒い、フケがたくさん出る、頭部を掻くと髪の毛がぬけるなどの症状は頭皮の炎症で抜けている可能性もあるので医師にご相談ください。

一方、@フィナステリド Aデュタステリドについては
AGAの原因をDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するのが@とAです。

テストステロンからDHTに変換する酵素を阻害するのが@とAです。
酵素にはT型とU型があって
@フィナステリドはU型だけ阻害します。
AデュタステリドはT型、U型の両方を阻害します。

@とAは正常なヘアサイクルに戻す、成長期の髪の毛をちゃんと成長させるイメージです。
休止期の髪の毛に影響はほとんどないといえるので、初期脱毛が起こることはないです。
@とAを飲み始めて初期脱毛が起きた場合には
・AGA以外の病気の可能性
・季節変動などと重なった可能性
・頭皮の炎症の可能性
などを考えます。

フィナステリド、デュタステリドの副反応で初期脱毛が起きる、起きたとは考えません。

岡部医院院長 岡部誠之介 
posted by okabeiin at 10:02| 岡部医院