2021年10月20日

岡部医院でのインフルエンザ予防接種料金は4400円(税込)です。

2021年 10/25 18時30分
供給不足により予約は中止しました。
予約再開したらお知らせします。11月になったら納入されると思いますが詳細はまたお知らせします。


岡部医院での
インフルエンザ予防接種
料金は4400円(税込)です。

予約日から2週間以内の予約しか受付はできません。

2週間以上先の予約は受付はできません。ご了承ください。

人数、日付けの指定のない予約は予約にはならないので、予約受付はできません。

また、3歳未満の接種については薬の量が異なるので接種をしていません。

料金は4400円(税込)です。

インフルエンザ予防接種のネット予約は受付していません。
診療時間内に電話もしくは窓口での予約をお願いします。

諸外国では9歳以上はインフルワクチンは1回の接種でも良いと報告があります。
接種歴やリスクなどを考慮して、日本でも保護者と相談の上で、医師の判断でそのような対応で問題ないのではないかと私は考えています。日本では13歳未満は必ず2回接種、強制というわけではありません。費用対効果も考える必要があります。

岡部医院院長 岡部誠之介

下記は参考資料
厚生労働省のホームページより
インフルエンザワクチンの接種回数について 以下は抜粋
・ワクチンは1回接種でよいでしょうか?
[1]13歳以上の方は、1回接種を原則としています。
ワクチンの添付文書には「13歳以上のものは1回または2回注射」と記載されていますが、健康な成人の方や基礎疾患(慢性疾患)のある方を対象に行われた研究から、インフルエンザワクチン0.5mLの1回接種で、2回接種と同等の抗体価の上昇が得られるとの報告があります。      
[2]13歳未満の方は、2回接種です。
1回接種後よりも2回接種後の方がより高い抗体価の上昇が得られることから、日本ではインフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりとなっています。
なお、1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいて差し支えありません。
- (1)6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種
- (2)3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL 2回接種
[3]諸外国の状況について、世界保健機関(WHO)においては、ワクチン(不活化ワクチンに限る。)の用法において、9歳以上の小児及び健康成人に対しては「1回注射」が適切である旨、見解を示しています。   
また、米国予防接種諮問委員会(US-ACIP)も、9歳以上(「月齢6ヶ月から8歳の小児」以外)の者は「1回注射」とする旨を示しています。

インフルエンザワクチンの効果について
インフルエンザワクチンには、この「発病」を抑える効果が一定程度認められていますが、麻しんや風しんワクチンで認められているような高い発病予防効果を期待することはできません。発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの「重症化」といいます。特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。
インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。
国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34〜55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています。

インフルエンザワクチンの効果の発現と持続時間には個人差があります。
一般的にはインフルエンザワクチン接種後2週間目頃から5カ月間程度効果が持続するとされています。

大事なことは流行する前に接種をすることです。早めに接種することを推奨します。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 11:54| 岡部医院