2021年12月15日

2021年12月版 岡部医院でのAGA治療薬の値段と種類

2021年12月版

岡部医院では下記のAGA治療薬を取り扱っています。
・フィナステリド1mg 
@海外ジェネリック薬 ロイドラボラトリーズ社
1錠150円
海外ジェネリック品の輸入が困難、不安定になってきています。
今後は海外ジェネリック品は輸入禁止になる流れがあります。
今後は国内ジェネリック薬 
1錠200円の処方に変更をお願いすることがあります。
ご了承ください。詳しくは医師にご相談ください。

Aデュタステリド0.5mg
1錠175円

Bミノキシジル7%外用薬 60ml
6490円
@、A、Bのすべてがガイドラインで推奨度Aの治療です。

多くの患者さんを診療している中で
内服と外用の併用療法が良いと考えるようになりました。

海外承認薬に関しては輸入の際に厚生労働省の許可を得て、輸入しています。
申請を行った正規ルートのものです。

他にも
Cミノキシジル5mgの内服も取り扱いを始めました。
1錠150円で100錠単位での処方になります。

※AGA診療の内服薬については20歳未満の方の処方は推奨されていないので、当院では20歳未満の方へのAGA診療は控えています。

薬代以外の料金は発生しませんのでお気軽にご相談ください。初診時は医院で問診票の記入をお願いしています。
クレジットカード、各種電子マネー、楽天ペイ等を診療でご利用いただけます。手数料などありません。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 11:54| 岡部医院