2019年01月23日

インフルエンザの流行が拡大(犬山市 インフルエンザ 内科)

インフルエンザの流行が拡大しています。
家族全員が感染、発症ということもあります。予防的に薬を投与する事も検討した方が良いことがあります。
予防投与の場合は保険ではなく、自費診療になります。

学級閉鎖、学年閉鎖も起きているようです。
学校保健安全法ではインフルエンザの出席停止期間を次のように定めています。

発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで登校できません。
ただし、病状により、感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。

一般的には
火曜日にインフルエンザと診断された場合は
木曜日までに解熱、金曜日に熱がなければ
月曜日から登校可能となります。

水曜日にインフルエンザと診断された場合は
金曜日までに解熱、土曜日に熱がなければ
火曜日から登校可能となります。

インフルエンザになった後に、2、3日で熱も下がったので大丈夫という人がいます。
他者への感染の可能性がありますので、外出はしないでください。
特に病院、老人施設などでは集団感染が起こる可能があります。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:27| 岡部医院

2019年01月17日

インフルエンザの流行(犬山市 インフルエンザ 内科)

インフルエンザの流行が続いています。インフルエンザA型が流行しています。

風邪薬を内服した後だと、熱が出ない事もあります。倦怠感、頭痛、関節痛がある場合には、検査してみると、陽性ということもあります。

当院でもインフルエンザウイルスの迅速検査を行い、その場で診断できます。院内処方も行っているので、診断、治療は医院で完結します。タミフルのジェネリック医薬品、新薬のゾフルーザも処方しています。

総合病院等ではインフルエンザ患者さんが多数で、外来が混乱している可能性があります。医療の機能分類の観点からも地域の医院受診をお勧めします。
救急外来などではインフルエンザの方も多くいるので、病院にいって、インフルエンザに感染することもあります。

岡部医院では、岡部医院での保険診療に係る診断書の料金は1500円(税別)で作成しています。診断書希望の方はご相談ください。最近では診断書の提出を会社に求められる事なども多いので価格を見直しました。

交通事故、警察提出用の診断書は3000円(税別)となります。

インターネット予約もできます。風邪症状 インフルエンザ外来の予約サイトも作成しました。
症状などをあらかじめ入力していただければ、スムーズに診療を受けることができます。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=25eJwzNDMxMDIAAAQuAS4
posted by okabeiin at 09:05| 岡部医院

2019年01月07日

江南厚生病院との連携

江南厚生病院との連携システムとして、地域医療ネットワークシステムというのがあります。
江南厚生病院に紹介した患者さんのカルテ参照、診察の予約ができます。

診察の予約は泌尿器科、小児科以外はすべての科目で行うことができます。口腔外科の予約もできます。

先日も検診で、その場で異常を指摘、その場で江南厚生病院の診察を予約、精密検査、治療となった患者さんがいました。診察、診断、治療のスピード感はとても重要です。

先ほどの患者さんも、医師のダブルチェック、全ての検診結果が揃うまでとしていたら、時期を逸する可能性もあります。

起承転結を考えた診療を行うことが重要だと教えられてきた私にとって、地域医療ネットワークシステムというのは患者さんのためのシステムだけではなく、自分の勉強にもなるシステムであると考えてます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 08:56| 岡部医院

2019年01月05日

インフルエンザの流行

インフルエンザの流行が拡大しています。この地区ではインフルエンザA型が流行しています。

当院でもインフルエンザウイルスの迅速検査を行い、その場で診断できます。院内処方も行っているので、診断、治療は医院で完結します。タミフルのジェネリック医薬品、新薬のゾフルーザも処方しています。

総合病院等ではインフルエンザ患者さんが多数で、外来が混乱している可能性があります。医療の機能分類の観点からも地域の医院受診をお勧めします。救急外来などではインフルエンザの方も多くいるので、病院にいって、インフルエンザに感染することもあります。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症なので、ウイルス感染症の症状を呈します。
基本的に
ウイルス感染はいろいろ症状(咳、鼻汁、咽頭痛)を伴い、
細菌感染は原則として単一の臓器に一種類の菌が感染するのが特徴です。
つまりは咳、鼻汁、咽頭痛を急性に同時に同程度訴える患者さんは、ウイルス感染症によるものの可能性が高いです。

しかしながら、インフルエンザだと熱だけというパターンも早期にはあります。熱だけというのは感染症に対して身体が熱を上げて免疫力を高める反応だと考えています。

インターネット予約もできます。風邪症状 インフルエンザ外来の予約サイトも作成しました。
症状などをあらかじめ入力していただければ、スムーズに診療を受けることができます。
posted by okabeiin at 09:21| 岡部医院

2018年12月27日

インフルエンザA型 感染性胃腸炎などの流行(犬山市 岡部医院)

インフルエンザA型 感染性胃腸炎が流行しています。
年末年始にかけて、さらに流行が拡大すると考えられます。
早めの受診をお勧めします。

29日土曜日の午前まで診療を行っています。
12/30〜1/3は休診とさせていただきます。
よろしくお願いします。

インターネット予約もできます。風邪症状 インフルエンザ外来の予約サイトも作成しました。
症状などをあらかじめ入力していただければ、スムーズに診療を受けることができます。
posted by okabeiin at 07:02| 岡部医院