2019年04月22日

研究会に参加しました。

研究会に参加してきました。
小牧市民病院の副院長の講演では
小牧市民病院は5月に移転をするので、救急患者の制限などがあるので連休中は注意が必要です。
連休中の救急医療体制は前回のブログに載せたので参考にしてください。

総合病院とかかりつけ医の診療の役割分担が明確になってきています。
小牧市民病院では救急外来を受診する患者数は明らかに減少しているようです。
救急車の数は若干増えている、変わらないぐらいなので忙しいことに変わりないと思います。

また、紹介状を持って総合病院等を受診するときも予約をしてから受診をしてほしいと要望がありました。
予約をしてからだと、どんな患者さんが何時に来るか分かるので、医師も診療、検査などをスムーズに行うことができます。

患者さんが空いているときに受診しますと、紹介状を希望され、予約なしで総合病院を受診すると、何時間も待つことになることがあります。

小牧市民病院ではその日には診療ができない場合は後日、もう一度来てもらうことになるようです。予約して受診をすることが重要です。
岡部医院では患者さんを紹介するときに総合病院等では、予約をするようにしています。地域連携室に連絡をすれば予約できます。江南厚生病院はネット連携をしてますから、当院のPCから予約をすることができます。江南厚生病院もネット予約の枠を作っているので、スムーズに予約することができます。

岡部医院でも予約、予約票を渡すことにしています。予約票にはコメントも載せることができるので、次回に採血、薬の効果判定、休みの予定などを載せることができます。
岡部医院の予約サイト

予約外でも診療しますし、予約日以外の診療もできますが、思っているより予約日に来ていただけることが多いです。行動心理なども影響を与えているでしょう。

今後はかかりつけ医院、総合病院等でも予約して受診をするという形が主流になっていく可能性が高いと考えています。
岡部医院院長 岡部誠之介

628FFE5A-B6FC-410D-9038-50694F20E4E5.jpeg
posted by okabeiin at 11:15| 岡部医院

2019年02月26日

犬山市のがん検診の統計(犬山市 内科 岡部医院)

犬山市のがん検診の統計を分析してみました。
がん検診で一番件数が多いのは肺がん検診でした。件数は7000件ぐらいです。

次が大腸がん検診で6000件ぐらいです。

肺がん検診は問診と胸部レントゲン検査をやります。痛みのある検査ではないので、毎年の検査を推奨します。胸部レントゲンは過去と比べることで、異常が分かりやすくなります。他にも心肥大なども分かります。検査の意義は、現場の医師として、主治医として患者さんのことを考えると、意義はあると考えます。

大腸がん検診は問診と自宅での検便で検査をやります。自宅で検便をするので、手間だけかかりますが、検診の中では有用な検査といえます。便の中に血液がないかを調べます。当院ではどれぐらい血液が混じっているかも測定しています。要精密検査となった場合は、大腸のカメラができる病院を紹介します。

胃がん検診の件数は4000件ぐらいですが
バリウム検査 1300件
胃カメラ検査 2700件
という割合のようです。以前はバリウム検査だけでしたが、胃カメラ検査の割合が私が思っているよりも、増えているようです。今後も胃カメラ検査の割合が増えていく可能性が高いと考えます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:54| 岡部医院

2019年02月23日

お別れ会に参加

総合犬山中央病院前院長である故竹腰昭道先生のお別れ会に出席させていただきました。
父の代から大変お世話になっており、父からもいろいろな話を聞いていました。

急遽、岡部医院を開業することになり、緊張をしていた開業初日に観葉植物をプレゼントして頂いたのを今でもはっきりと覚えています。

数年前には会食をしましょうという事で、2人で食事をした事も記憶に新しいです。

会食中も医師としての歩んできた道、当時も現役で外来診療、入院患者を受け持っていること、休みの日も医学書を開いて医学の勉強をしている事、ウォーキングで身体を鍛えている事など、いろんな話をしてくれました。

お別れの会に参加して、改めて岡部医院の事、父や私の事を気にかけてもらっていたこと、医師としてとても立派な先生であったと心から思いました。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:31| 岡部医院

2019年02月10日

休日診療所の当番日について

2/11は犬山市休日診療所の当番日です。
午前午後は犬山市休日診療所で診察、夕方17時から20時は岡部医院で診察をしています。
午前午後の受付は犬山市休日診療所にお問い合わせください。
犬山市休日診療所:
電話番号0568−62−8100
場所は国道41号線五郎丸交差点(マクドナルドがある)東へ300mです。 
posted by okabeiin at 17:25| 岡部医院

2019年02月08日

胃がんリスク検診(ABC検診)

胃がんリスク検診(ABC健診)とはピロリ菌の抗体検査とペプシノゲン検査を組み合わせて胃がんの危険度をチェックして、効率的に精密検査を推奨する検査です。

検査は採血により行うことができます。保険外診療なので検査費用は自費になります。
検査の料金は3000円(税抜)になります。
診察料1000円(税抜)と合わせて4000円(税抜)になります。

ただし、胃潰瘍で治療中の方、胃切除後の方、ピロリ菌の除菌療法を受けられた方は対象になりません。
※この検査で胃の健康状態が悪い様子であれば、胃カメラでの検査を推奨します。

詳しくは医師にご相談ください。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 18:45| 岡部医院