2019年09月17日

発毛剤と育毛剤の違いについて

発毛剤と育毛剤の違いについて書いてあるものがありました

発毛剤は一般的にはその疾患を有する人に使用する「医薬品」で
髪の毛を生やし、抜け毛を防ぐ

育毛剤は誰でも使える「医薬部外品」で
髪の毛を育て、抜け毛を防ぐ

というように分けられるようです。

「医薬品」と「医薬部外品」は法律で定められたもので
一般的に有効性の高さは
医薬品>医薬部外品となっています。

医薬品は「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分けられます。
フィナステリド、デュタステリドは「医療用医薬品」です。原則的に医師しか処方することはできません。

一般的に売られているミノキシジル外用(リアップなど)は「一般用医薬品」です。
そのなかでもミノキシジル外用は「第1類医薬品」となります。

第1類医薬品は効果が高い分、副作用の危険も高いために特に注意が必要です。
第1類医薬品を販売できるのは、原則的に薬剤師に限られ、販売時には必ず購入者に対して薬の情報提供を行わなければならないとなっています。

カロヤンは「第3類医薬品」、アデノゲンは「医薬部外品」となっています。

サプリメントなどは医薬品でもなけれれば、医薬部外品でもないことが多いです。
医薬品と医薬部外品の違いを注意してみることも重要です。

岡部医院院長 岡部誠之介
9C26989D-B946-49AE-9D5B-1F1B209E6AEF.jpeg

posted by okabeiin at 09:55| AGA(男性型脱毛症)

2019年09月10日

AGA(男性型脱毛症)診療について

最近ではAGA(男性型脱毛症)の認知度も上がって、フィナステリド内服をされる方も増えています。

抜け毛が減った
症状が進行していない
と実感される方が多いです。
臨床試験と同じように、実際の現場でも治療の効果が実感できる治療法といえます。

ただし、一ヵ月、二ヵ月ではほとんど効果は期待できないので、半年は治療を続ける必要があります。
半年で効果判定をするようにしています。

ちょうど今年の2月、3月頃からフィナステリド内服を始めた方が再診時に効果を実感、レスポンダーとして治療を継続されています。もちろん効果を実感されているから、診療を受けられているとも言えます。

今年に入ってから20人以上の方が新規にAGA診療を受けられていますが、継続率は85%以上と統計的に
かなり高い水準と言えます。

2017年のガイドラインに書いてある内容ですが
414人の日本人男性でのランダム化比較試験では
頭頂部の写真撮影による効果判定において
フィナステリド1mgでは
48週で58%が軽度改善以上の効果
2年後には68%
3年後には78%
とその率は増加傾向を示したという報告があります。

AGAは男性ホルモンの影響、DHTの影響で起こります。
DHTの産出を抑える薬が効果があるのは当然のことです。
原因の分かっている事に、原因を改善する治療を行えば、効果は期待できます。

実際の効果としては
広告などでみる、フサフサに生えてくる、生えすぎて困るということは残念ながらありません。

岡部医院の患者さんの感想としては
抜け毛が少なくなった
ボリュームが出てきた
髪が太くなった
と感じられる方が多いです。

また、マッサージなどでAGAが改善することもありません。自分のマッサージだけは効果があるというのも科学的・医学的ではありません。

ガイドラインでの評価Aは
男性型脱毛症に対して
フィナステリド内服、デュタステリド内服
ミノキシジル外用

女性型脱毛症に対して
ミノキシジル外用
となっています。

それ以外は評価B以下です。

推奨度Aの治療を正しく行うことをお勧めします

岡部医院院長 岡部誠之介

ネット予約も受付しています。
岡部医院でのAGA診療は院内処方で医院内で全て完結、迅速に対応することを心がけています。

https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=4feJwzMjQ0MjQEAAQUASk

0B9B6B2F-616A-4263-9E8E-ADD40E5D529C.jpeg
posted by okabeiin at 08:35| AGA(男性型脱毛症)

2019年09月04日

AGA(男性型脱毛症)のセルフチェック

下記のサイトでAGA(男性型脱毛症)のセルフチェックができます。
[Click Here!]

自分ではよく分からないな、不安だなという方は相談だけでも受け付けています。

例えば、AGAがあまり進行していない場合は、重症ではないので薬を飲んでもあまり実感がないかもしれない、半年ぐらい様子をみましょうとアドバイスさせていただく事もあります。

最近ではAGAの認知度も上がって、フィナステリド内服をされる方も増えています。
効果自体も抜け毛が減った、症状が進行していないと話される方もいます。
臨床試験と同じように、実際の現場でも治療の効果が実感できる治療法といえます。
ただし、一ヵ月、二ヵ月ではほとんど効果は期待できないので、半年は治療を続ける必要があります。半年で効果判定をするようにしています。

また、フィナステリド内服はガイドラインに基づいた根拠のある治療法です。
フィナステリドより長期的にみて効果があるという治療法はガイドラインでは明記されていません。マッサージやサプリメントではAGAの治療はできません。

また、フィナステリドは発毛するけど、育毛はしないんですよね
という質問を聞かれることがあります。

発毛と育毛の言葉の違いは明確に医学的にあるわけではありませんが、育毛剤というのは抜け毛の予防、医薬部外品で使えるという意味のようです。
それに比べて発毛剤というのは、髪の毛を生やす、医薬品としてAGAに対して使う、使用者が限定されるという意味のようです。

AGAに対してはフィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用を行うことがガイドラインでも推奨されています。推奨度はAです。
マッサージやサプリメントでAGAが改善、発毛することはありません。
このマッサージだけは効果がある
このサプリメントだけは効果がある
ということもありません。もし効果があるならガイドラインで推奨されます。

ガイドラインで推奨されていないことをやるのは時間と費用の無駄です。

当院では
フィナステリド1mg  200円(税込み)
デュタステリド0.5mg 300円(税込み)
で処方しています。
診察料はありません。

薬は1日1錠飲むので4週間で
フィナステリド1mg  5600円(税込み)
デュタステリド0.5mg 8400円(税込み)
になります。
薬代以外の料金は発生しませんのでお気軽にご相談ください。
初診時は医院で問診票の記入をお願いしています。

初診時は28日分処方で副作用がないかなど確認、
その後は56日分、84日分と処方を希望される方が多いです。

クレジットカード、各種電子マネー、楽天ペイ等を自費診療でご利用いただけます。

保険診療、公費のワクチン接種等についてはクレジットカード等はご利用できません。

岡部医院院長 岡部誠之介

岡部医院院長 岡部誠之介
インターネット予約もできます。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=22eJwzNzSwNAMAAxQBCA


BAA304CD-8748-4CD9-9838-5586EBFFAD45.jpeg
posted by okabeiin at 14:05| AGA(男性型脱毛症)

2019年08月29日

男性型脱毛症(AGA)について AGAは治療により、症状の進行予防、改善ができる時代に

男性型脱毛症(AGA)に遺伝が関係していることは、はっきりしています。
特に母方家系の影響が大きいことが分かってきています。
これは男性ホルモンの働きのよるものとされています。

家系に全くAGAの方がいない人は、AGAになることはほとんどありません。
逆にAGAの方がいれば、将来、AGAになる可能性が高いです。

現在は男性ホルモンがどのようにAGAにかかわってきているかが、科学的に解明されています。
以前のブログにも書いたように、男性ホルモンは前頭部、頭頂部の髪の毛を薄くする一方で、体毛やひげを濃くすることが分かってきています。男性ホルモンは部位によって働き方が違います。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは酵素の働きによって、ジヒドロステロン(DHT)に変化します。
このDHTという物質がAGAの原因、悪の根源です。
DHTは細胞内で受容体と結合すると、ひげには発育を促すシグナル、髪の毛には発育を抑制するシグナルを出します。遺伝の関与はこの受容体にあることまで分かってきています。

2005年12月にAGA治療薬として商品名:プロペシア(フィナステリド)が発売、この薬は男性ホルモンをDHTに変化させる酵素を阻害して、DHTの産生を減少させます。
DHTの産生減少により、髪の毛の発育を抑制するシグナルを出させないようにして、髪の毛が十分に育つ環境を作ることで、AGAの進行を抑えることができます。
この薬の登場でAGA治療を大きく前に進むことになりました。

また、2016年には同じ酵素を阻害する薬として、デュタステリドという薬も発売されました。
他にも、フィナステリドの後発品も登場して値段もお手頃になってきました。
それにより
AGA治療をするクリニックも増加、AGA診療を受ける方も増えてきています。

岡部医院でもここ数年でAGA診療を受けられる患者さんは増加傾向です。
AGAは治療により、症状改善が期待できる時代です。
岡部医院院長 岡部誠之介
ネット予約も行なっています。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=22eJwzNzSwNAMAAxQBCA

メールで
AGA診療、フィナステリド、デュタステリドについての相談も受付しています。


0B9B6B2F-616A-4263-9E8E-ADD40E5D529C.jpeg
posted by okabeiin at 08:11| AGA(男性型脱毛症)

2019年07月19日

AGA診療について

岡部医院では約5年前ぐらいから本格的にAGA診療に取り組むようになりました。
長くAGA診療をされている方から

「これでダメなら諦めようと思ってましたが、効果があるので満足してます。効かなくなるなどもなさそうですね」
とか
「床屋さんもびっくりしてました。みんな気になってるようです」
とお話を聞かせてもらうことがあります。
医師としてとても嬉しいことです。

また、AGA以外にも持病のことや、心配なことなど、いろいろ相談をしてもらうこともあります。

内科医としていろんな病気の診療をしていますが、AGA診療を続けていて分かったことがあります。

まずは、
・自由診療なので、国の保険制度を使っているわけではない。患者さんの実費だけで治療をしている。
・効果も十分に期待できる、診療をしていて、実感があります。
・ガイドラインに基づいた治療をしている。ただ、保険適応がないだけ。

まとめると
・医師も患者さんも満足度が高く
・ガイドラインに基づいている
・保険診療を圧迫しない
上記のような診療といえるでしょう。

ただし、効果には個人差もあります。レスポンダー、ノンレスポンダーがいます。
飲み始めて4ヵ月ぐらいで効果を実感される方はレスポンダーなのではないかと考えます。そういう方が何年も治療を続けるとかなりの効果が期待できるのではないかと考えます。

2017年のガイドラインに書いてある内容ですが、
フィナステリドの5年間の内服継続試験(日本人男性 801人を対象)において、写真評価での効果、症状の改善が99.4%の症例で得られたという報告があります。

岡部医院院長 岡部誠之介
73D84C17-4874-4085-B3B3-E7DD5F3E19A8.jpeg
posted by okabeiin at 09:35| AGA(男性型脱毛症)