2017年10月26日

AGA(男性型脱毛症)治療について

当院ではフィナステリド、デュタステリドの内服治療を行っています。初診時に問診をして、詳しい健康状態も把握して治療を行っています。

男性型脱毛症においてガイドラインではあまり評価されていない治療法、高額な自費診療を推奨するAGAクリニックも中にはあるようです。そういった治療法を勧められるがままに行うのは大変危険です。

やはり、保険診療でも自由診療でも医師と相談をして納得のいく治療を受けていただくことが最も大事であると私は考えます。診察料はありませんのでお気軽にご相談ください。

インターネット予約も始めました。受付で名前をいうだけでスムーズに治療を受けていただけます。予約優先で再診の方は連絡事項に希望する薬と処方日数を書いていただければよりスムーズに診察をうけていただけます。

ぜひご利用ください。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=22eJwzNzSwNAMAAxQBCA

下記のサイトでAGA(男性型脱毛症)のセルフチェックができます。
[Click Here!]
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 08:41| AGA(男性型脱毛症)

2017年06月20日

AGA(Androgenetic Alopecia)について(AGA 犬山市 フィナステリド デュタステリド)

AGAの原因として男性ホルモンに注目が集まっています。代表的な男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという酵素によりDHTというより強力な活性型男性ホルモンに変換されます。

DHTは毛根にある毛乳頭・毛母細胞で細胞分裂を抑制する働きをします。それによって毛根の極小化を引き起こし薄毛、抜け毛という現象が起こってしまいます。DHTは男性ホルモン受容体に結合することで働きます。

全ての体中の毛根に受容体が存在するわけではなく、頭部では前頭部、頭頂部、また髭や腋毛に受容体が存在します。AGAの方で進行しても後頭部の毛が残っているのはその部分には受容体がないからです。

フィナステリド、デュタステリドはこの酵素を阻害することで、DHTの産生を抑えることで効果を発揮します。
ここで疑問が出てくると思いますが男性ホルモンは髭などでは毛が濃くなる作用があるのに、頭部では薄毛、抜け毛という現象が起こるのはなぜかということです。それは髭の毛根に男性ホルモンが働くと毛の成長因子が産生され、頭部の毛根に男性ホルモンが働くと髭の成長因子とは逆の働きをする抑制因子ができるからです。

AGAについては科学的に解明されてきたことが多くあります。薬の作用、なぜAGAが起こるのかなどを理解、納得された上で治療をされると満足度が高いと考えます。
岡部医院院長 岡部誠之介

インターネット予約始めました。受付で名前をいうだけでスムーズに治療を受けていただけます。予約優先で再診の方は連絡事項に希望する薬と処方日数を書いていただければよりスムーズに診察をうけていただけます。ぜひご利用ください。

https://reserva.be/agaokabe

下記のサイトでAGA(男性型脱毛症)のセルフチェックができます。
[Click Here!]


posted by okabeiin at 08:20| AGA(男性型脱毛症)

2017年06月19日

タバコと薄毛の関係(AGA 禁煙外来 犬山市)

発毛と血流は深い関係にあります。ニコチンは血管を収縮させ、血流を低下させてしまいます。血流が低下すると毛根にある毛母細胞に栄養が上手く運ばれないために髪に悪影響を与えます。しかも、ニコチンは血流を促進するビタミンEを破壊してしまいます。

また、タバコを吸うことで薄毛、抜け毛を引き起こすテストステロンやDHTが増加するという研究結果がアメリカのハーバード大学から発表されています。さらには喫煙によって育毛に必要なアミノ酸も減ってしまいます。

禁煙のストレスで悪影響が出るのではと考える方もいるかもしれませんが、それは一時的なものです。禁煙をするとストレスが少なくなることもあります。タバコのことを全く考えなくてよくなるからです。
薄毛の改善のためには禁煙は重要な自分でできる治療法と考えます。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 12:00| AGA(男性型脱毛症)

2017年06月06日

男性型脱毛症について

男性型脱毛症は早い人では思春期を過ぎた二十歳頃から発症します。
当院ではフィナステリドの内服治療を行っています。分類でII以上の方は治療の対象になる方が多く、進行する前に治療を始めた方が効果は高いです。
テレビで加齢による薄毛の原因が解明されたとニュースになっていました。10年ぐらいしたら根本的に解決する治療薬が開発をされるかもしれません。それまでは現在の治療で薄毛の進行を遅らせて新薬の開発を待つというのも戦略的といえるでしょう。
岡部医院 岡部誠之介
image-4bc9d.jpegimage-7dd3b.jpeg
posted by okabeiin at 10:40| AGA(男性型脱毛症)

2017年05月24日

AGA(男性型脱毛症)外来について(犬山市 AGA外来 フィナステリド デュタステリド)

AGA外来では進行度に合わせてフィナステリド、デュタステリドの使い分けを当院では行っています。フィナステリドからデュタステリドに切り替えた方で効果を感じている方もいますので、今までフィナステリドで効果不十分で治療を中止した方はデュタステリドを試してみるのもいいと思います。

当院ではフィナステリド1mg 200円(税込み)、デュタステリド0.5mg 300円(税込み)で処方しています。
薬は1日1錠飲むので
4週間でフィナステリド1mg 5600円(税込み)、デュタステリド0.5mg 8400円になります。
薬代以外の料金は発生しませんのでお気軽にご相談ください。

インターネット予約も始めました。受付で名前をいうだけでスムーズに治療を受けていただけます。予約優先で再診の方は連絡事項に希望する薬と処方日数を書いていただければよりスムーズに診察をうけていただけます。ぜひご利用ください。
https://reserva.be/agaokabe

下記のサイトでAGA(男性型脱毛症)のセルフチェックができます。
[Click Here!]
posted by okabeiin at 07:29| AGA(男性型脱毛症)