2017年12月13日

最新の米国での高血圧ガイドライン(高血圧 内科 犬山市)

米国の高血圧ガイドラインが変更され、高血圧の診断と治療目標となる血圧レベルを全て130/80mmHgに引き下げられました。降圧目標のレベルは、高齢者においても例外とせず、130/80mmHg未満へのより低い血圧へのコントロールを推奨しています。

今回の変更の根拠はSPRINT試験の成績(N Engl J Med 2015; 373: 2103-2116)と、ランダム比較試験のメタ解析の成績(Lancet 2016; 387: 957-967)が発表され、その解析と議論の結果によるものです。試験では120mmhg未満を目指した厳格降圧群が140mmhg未満を目指した標準降圧群に比べて、心血管イベントリスク、総死亡リスクともに有意に低下させてという結果が出ました。しかしながら、120mmhg未満は厳しすぎるのではないかという意見があったようで上記のガイドライン変更となりました。

最近では病的な著しい血圧上昇(血圧サージ)のあるところに循環器疾患のリスクがあるといわれています。血圧は循環器疾患の進展と発症の全過程に強く関わることから、血圧をより低いレベルに保つことで、血管障害の進展が抑制され、血圧サージによるイベントのトリガーが回避されるのではないかという考えには賛成できます。

アジア人では高血圧とより関連の強い脳卒中や非虚血性心不全が多く、日本人では特に厳格な降圧が有用であるという話もあります。高血圧の基準について注意が必要ですね。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:50| 高血圧

2017年04月27日

高血圧の食事療法(高血圧 犬山市 内科)

高血圧の食事療法についてわかりやすくできるように自分で書いてみました。患者さんに配って食事療法に取り組んでもらっています。岡部医院独自のものです。先日、好き嫌いが多くてご飯に醤油をかけて食べているという人が来院されて、血圧は200近くありました。醤油も美味しいですけど取りすぎると身体には悪い影響を与えます。
岡部医院院長 岡部誠之介
IMG_1929.PNG
posted by okabeiin at 08:30| 高血圧

2017年01月17日

高血圧について

血圧の薬を飲むとずっと飲まないといけない、という事を信じている方がいますがそれは間違いです。体重を落として、食事に気をつける、特に塩分を控える事で血圧が下がる方はいます。ただ、薬を飲んでいるだけで生活習慣が変わらない方はずっと飲み続けないといけないかもしれません。

高血圧の薬を飲んでいるけど塩分を控えていない、運動をしていないという人は多くいます。それだとなかなか血圧は下がりません。高血圧は放置すると動脈硬化が進行、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病のリスクが高くなります。
岡部医院院長 岡部誠之介
IMG_0205.JPG
posted by okabeiin at 09:00| 高血圧