2018年05月08日

産業医の仕事(犬山市 産業医)

産業医とは法律で
事業者は、すべての業種において、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに1人以上の産業医を選任しなければならないと定められています。この労働者とは正社員、パートも全ての労働者を含みます。

産業医の職務はまとめると
職場への定期巡視
職場環境の維持・改善のためのアドバイス
作業の管理についてのアドバイス
従業員の労働衛生教育やアドバイス
定期健康診断結果チェックとその後の面談などによるアドバイス
過重労働者の面談
休職者と復職者への面談などの対応
健康に関する教育や相談
メンタルヘルスに関する相談
衛生委員会への参加
などがあります。
産業医は直接利益に貢献するわけでもなく、企業にとっては異質の存在です。しかしながら、法律で定められているので選任をしないとペナルティがあります(50万円以下の罰金)。
産業医としては、それぞれの企業で求められている事は違うと考えているので、会社から求められている事を中心に、担当者、従業員、役員などスタッフの方と仕事をしてきたいと考えています。
ただし、安全配慮義務の履行においては妥協はしないので産業医としてしっかりサポートしていきます。
岡部医院院長 岡部誠之介(日本医師会認定産業医)
posted by okabeiin at 08:35| 産業医

2018年02月28日

日本医師会認定産業医について(犬山市 産業医)

日本医師会認定産業医の資格をとりました。
産業医とは労働安全衛生法第13条により、一定以上の従業員を使用する企業は産業医を選任することが義務づけられています。
最近では時間外労働、メンタルヘルスなど職場での健康問題も取り上げられることが多くなっています。
今後は役割が今よりも重要になっていくのではないかと考えています。
DE09F5B7-A774-40BE-9714-31916251CBC5.jpeg
posted by okabeiin at 11:25| 産業医