2021年10月06日

今年の6月から9月のAGA診療の統計

今年の6月から9月の統計を作成しました。新規に岡部医院のAGA外来を受診した方は51人みえました。

岡部医院の処方している薬は4ヶ月で
飲み薬は全て合わせて約21000錠
塗り薬は116個処方しています。

AGA診療に熱心に取り組んできた結果として、多くの患者さんに利用していただいているのだと考えます。

最近では転院希望の方や市販の塗り薬で効果を感じられなかった方の診察も増えています。

AGA診療は岡部医院にご相談ください!

7793FEFA-16B3-4AAA-804E-85001064E1C3.jpeg
posted by okabeiin at 11:30| 岡部医院

2021年10月04日

インフルエンザワクチン 料金は4400円(税込)です。

岡部医院でのインフルエンザ予防接種の予約は10/4(月曜日)から受付をします。
料金は4400円(税込)です。接種開始は10/15(金曜日)からです。

予約日から2週間以内の予約しか受付はできません。

2週間以上先の予約は受付はできません。ご了承ください。

人数、日付けの指定のない予約は予約にはならないので、予約受付はできません。

また、3歳未満の接種については薬の量が異なるので接種をしていません。

料金は4400円(税込)です。


インフルエンザ予防接種のネット予約は受付していません。
診療時間内に電話もしくは窓口での予約をお願いします。
posted by okabeiin at 09:02| 岡部医院

2021年10月02日

男性型脱毛症(AGA)について AGAは治療により、症状の進行予防、改善ができる時代に

男性型脱毛症(AGA)に遺伝が関係していることは、はっきりしています。
特に母方家系の影響が大きいことが分かってきています。
これは男性ホルモンの働きのよるものとされています。

家系に全くAGAの方がいない人は、AGAになることはほとんどありません。
逆にAGAの方がいれば、将来、AGAになる可能性が高いです。

現在は男性ホルモンがどのようにAGAにかかわってきているかが、科学的に解明されています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは酵素の働きによって、ジヒドロステロン(DHT)に変化します。このDHTという物質がAGAの原因、悪の根源です。

男性ホルモンの一種のDHTは前頭部、頭頂部の髪の毛を薄くする一方で、体毛やひげを濃くすることが分かってきています。DHTは部位によって働き方が違います。

DHTは細胞内で受容体と結合すると、ひげには発育を促すシグナル、髪の毛には発育を抑制するシグナルを出します。遺伝の関与はこの受容体にあることまで分かってきています。

2005年12月にAGA治療薬として商品名:プロペシア(フィナステリド)が発売、この薬は男性ホルモンをDHTに変化させる酵素を阻害して、DHTの産生を減少させます。
DHTの産生減少により、髪の毛の発育を抑制するシグナルを出させないようにして、髪の毛が十分に育つ環境を作ることで、AGAの進行を抑えることができます。この薬の登場でAGA治療を大きく前に進むことになりました。

また、2016年には同じ酵素を阻害する薬として、デュタステリドという薬も発売されました。
他にも、フィナステリドの後発品も登場して値段もお手頃になってきました。
それによりAGA治療をするクリニックも増加、AGA診療を受ける方も増えてきています。

岡部医院でもここ数年でAGA診療を受けられる患者さんは増加傾向です。
AGAは治療により、症状改善が期待できる時代です。

AGA治療を始めて1年ぐらい経過した患者さんが抜け毛が減った、進行が止まったと喜ばれる方が多いです。保険診療でも自費診療でも患者さんに感謝をされるのは医師としてやりがいがあります。

科学的にもDHTという物質がAGAの原因、悪の根源なので、それを抑える薬を使って効果が出るというのはもっともなことです。逆にDHTにアプローチをしないAGA治療というのは非科学的で意味のない事なので止めておいた方が良いでしょう。整体やマッサージでAGAが改善することはありません。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:43| AGA(男性型脱毛症)

2021年10月01日

AGA診療の質問箱 ・フィナステリドを割って飲むことなどはできますか?

AGA診療の質問箱
・フィナステリドを割って飲むことなどはできますか?
フィナステリドだけではなく、医師から処方された薬については医師の指示通りに内服をしてください。
youtubeなどでフィナステリドを割って飲むことを推奨している動画がありますが、絶対に真似をしないでください。

研究では0.2mgでも日本人には効果があった、厚生労働省も承認しているという論法のようです。

しかしながら、承認時のデータは15年前のデータで承認されてから現在までほとんどは1.0mgで使用されており、臨床での実績も出ているので、わざわざ0.2mgで使用する利点はありません。

また、薬を分割するという行為はホルモンに関係する薬としては禁忌(絶対にやってはいけない)行為です。

くすりのしおりにも
生活上の注意
・分割・粉砕しないこと。〔本剤の薬理作用(ジヒドロテストステロン低下作用)により、男子胎児の生殖器官などの正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。〕
とされています。

また、個人輸入などで薬を取り扱っているサイトなどもあります。
基本的には個人輸入にも多くの制限があり、長期の処方などは法律違反となる可能性があります。

また、正規のルートでない薬は偽物の可能性も高く、厳密には違法行為、すべて自己責任となるので推奨はしません。

過去にED治療薬について、インターネットなどで売られている薬の半分以上は偽物で、深刻な健康被害が起きたこともありました。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 17:58| 岡部医院

次の新型コロナの流行に向けて

次の新型コロナの流行に向けて

1つのデバイスで新型コロナとインフルエンザを同時に検査できる抗原検査キットを導入しました。

これも鼻腔ぬぐい液から検査ができるので、患者さん自身で検査検体を採取していていただきます。

今年はインフルエンザが流行しないという保障はなく、インフルエンザが流行した場合には新型コロナもフォローしながら、インフルエンザの診断、治療をする必要があるので同時に検査できる抗原検査キットは有用であると考えます。

岡部医院は新型コロナの検査医療機関の届け出をしています。
検査は予約制で診療時間に対応、医院の外で患者さんが検体を自己採取する方法で検査をしています。

診療時間外は対応していません。

岡部医院院長 岡部誠之介

CAA04A8B-CE86-4DB9-99AD-AE25003E2C69.jpeg
posted by okabeiin at 08:42| 岡部医院