2019年03月09日

糖尿病について(犬山市 内科 糖尿病)

糖尿病の患者さんを診療、治療する事が増えてきています。

糖尿病は薬を飲むだけで治るという病気ではありません。食事療法、運動療法をしっかりと続ける必要があります。最新の糖尿病の薬で、糖分を尿から排出して、血糖値を下げる薬がありますが、排出された分の糖分を摂取していたら、効果は期待できません。

糖尿病は進行するまで自覚症状がないので、指摘されたけど放置される方、糖尿病と指摘された時には進行している事も稀にあります。まずは、健康診断などで血糖値、HbA1c(過去一か月程度の血糖値の状態を調べる値)を調べてみましょう。

また、糖尿病と診断されたけど治療を中止してしまった、薬を飲むのを止めてしまったという方がいます。そういう時には一度、医院に受診してください。もう一度、現状を調べて、どうしたら良いかを考えてみましょう。

今後も糖尿病の患者さんは増加することが予想されます。糖尿病について、みんなで知識を共有、治療が継続できるような体制づくりに取り組む必要があると考えます。個人だけの問題ではないと考えます。

最近、日本糖尿病協会に入会して、糖尿病についての冊子を読んでいますが、糖尿病についての知識、患者さんへの食事療法、運動療法など詳しく書かれています。患者さんの向けの本だと思いますが、実際の診療にとても役立つ本だと考えます。
岡部医院院長 岡部誠之介
DE7C7D3D-387B-4887-B76E-F14794F97B48.jpeg
posted by okabeiin at 08:07| 糖尿病

2019年03月06日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の勉強会に参加してきました。

江南厚生病院で行われた睡眠時無呼吸症候群(SAS)の勉強会に出席してきました。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は簡易検査、精密検査、治療の主体であるCPAP(持続陽圧呼吸療法)装置による治療を病診連携して行うことが重要です。

岡部医院では現在、CPAP治療を受けられている方を診療、フォローさせていただいてます。
今後は肥満の増加、仕事で運転をされる方への検査など、簡易検査、精密検査、治療を受けられる方が増加することが予想されます。岡部医院でも簡易検査を行い、紹介先の医療機関で精密検査、CPAP治療の導入、フォローを安心して受けられるような体制を整えていこうと考えています。

総合犬山中央病院の院長の齊藤雅也先生も参加されており、総合犬山中央病院では、SASの精密検査機器を新しくして、歯科医とも連携、マウスピース作成等も行っていると伺いました。齊藤先生は常々、栄養、睡眠、リハビリ(運動)が健康にはとても重要であるとおっしゃられます。私もその通りだなあといつも思います。

勉強会は夜間の開催でしたが、大先輩の先生方が積極的に参加されているのをみて、モチベーションがあがりました。
岡部医院院長 岡部誠之介
A6EC9A0C-AF38-44C2-B302-FC9B9DDE04D7.jpeg2C1D7B14-424D-432A-98EA-DE1A794788A5.jpeg
posted by okabeiin at 09:50| 岡部医院

2019年03月02日

花粉症治療について(花粉症治療 犬山市)

花粉症の症状でお悩みの方は症状の出る前に、薬を飲み始めると症状が緩和されることがあります。早めの治療をおすすめします。

当院では症状に応じて抗ヒスタミン薬、点鼻薬、目薬、漢方薬などを処方しています。
主に
くしゃみ、鼻かみの回数
鼻閉の症状
を評価して、薬を使い分けています。

また、抗ヒスタミン薬で眠気などが気になる方には、漢方薬による治療も行っています。

漢方薬は小青竜湯を主に処方しています。漢方薬だけで症状が改善される方もみえます。小青竜湯は虚証の人には合わないことがあるので、そういう時は他の漢方を使います。

当院外来にて症状や日常生活で困っていることなどご相談ください。
岡部医院院長 岡部誠之介
B528ADCC-6C6F-4DEA-B0E8-83B079FC5A13.jpeg67B8F044-BB29-4619-8431-AD1B77EE2D49.jpeg
posted by okabeiin at 14:05| 花粉症

花粉症について(犬山市 花粉症)

花粉症の患者さんが増えてきました。花粉症はアレルギー性鼻炎、結膜炎症状を主とするT型アレルギーの典型的な疾患です。最近ですと症状が多様化し、皮膚の腫脹、頭痛、倦怠感など全身症状が生じることもあり、個人個人の症状の程度、種類はさまざまです。2008年の論文では日本人全体の26.5%はスギ花粉症であるという驚異的な数値があります。

くしゃみ、鼻漏の回数、鼻づまりの有無で重症度が分けられます。飲み薬にもいろいろ種類がありますし、点鼻薬だけでも症状がコントロールできることもあります。

また、漢方薬でも治療を行っていますので、十分に話し合って自分に合った治療を一緒に考えていくことが重要です。
院内処方も行っているので、診断、治療は医院で完結します。

インターネット予約も受け付けています。症状や困っていることなどお伝えください。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=74eJwzNDexNDUEAARVATw

岡部医院院長 岡部誠之介
CAF9ABDE-8811-4DF5-B5F5-23C33724AAD5.jpeg

posted by okabeiin at 14:04| 花粉症

受診時に必要なもの

当院に初めて受診される方や、これまで受診していても今月初めての受診の場合は、保険証をご用意ください。

「保険証」は毎月一回確認させていただきます。
保険証がない場合は、全額自費負担となることがあります。退職や転職などで保険の変更があれば、必ずその旨をおっしゃってください。

特定疾患で医療公費負担の対象となっている方や、身体障害者手帳をお持ちの方は、証明となる手帳などが必要です。

また、お薬手帳持参をお願いしています。他の医療機関に受診しているけど、薬の種類、名前が分からないという事が良くあります。白くて丸いの、大きいのとかでは判断できない事がほとんどです。

医療安全の立場からも、他の医療機関での処方が書いてある物、薬手帳、血液検査データなどを持参してください。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:19| 岡部医院