2019年06月15日

岡部医院への車でのアクセス

カーナビなどの電話番号検索では0568-62-7121で検索、岡部医院(旧岡部外科)と表示されると思います。

国道41号方面からのアクセスは
五郎丸の交差点を北へ

犬山駅をこえて、さらに北へ、藪下の交差点を右折すると岡部医院です。

岐阜方面からのアクセスは
犬山橋を渡り南へ、内田の交差点を超えて
藪下の交差点を左折すると岡部医院です。

犬山駅東の方からのアクセスは
せまい道なども多いので、犬山駅西の交差点まで出てから
北へ、藪下の交差点を右折すると岡部医院です。
posted by okabeiin at 11:23| 岡部医院

有料老人ホーム サラでの診察、処方について

処方薬はなるべく少なくなるように調整しています。
10種類以上の処方は薬の相互作用などがどのように起きるかは誰にも分かりません。

年齢とともに腎臓の機能は低下しますし、肝臓などの代謝機能も低下していきます。
年齢、体重、性別が違う人が同じ薬を飲んでも、作用や血中濃度は違ってくるでしょう。

なるべく、1日1回の内服、少ない量でコントロールするようにしています。もちろん、本人と相談しながら調整することが重要です。

これまでの訪問診療などで薬の調節を行ってきましたが、大きな問題になる事はありませんでした。実際に調べてみるとこの薬は必要性が低いなとか、もう必要ないだろうと考えることもあります。
サラでは毎週、診療を行っていますし、変わったことはすぐに報告してもらっています。

最近では1日1回、夕食後に薬を処方するようにしています。
施設の夜勤職員の負担軽減も考えてます。介護職員の負担を軽減することも重要です。

医療と介護の連携について、実際の現場ではこういうことを地道にやることが重要だと私は考えています。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:25| 住宅型有料老人ホーム SARA(サラ)

2019年06月13日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは睡眠時に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を起こす病気です。
空気の通り道である上気道が狭くなることが原因です。

肥満と深く関係していますが、アゴの大きさ、扁桃肥大、鼻の病気なども関係しています。
肥満じゃなくてもSASになります。

症状としては
いびき、夜間の頻尿、日中の眠気、起床時の頭痛などを認めます。
日中の眠気は作業効率の低下、居眠り運転事故や労働災害の原因になります。
居眠りをしてはいけない場面で居眠りをしてしまう場合は根性の問題というより、SASの可能性があります。

問診などでSASが疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査をお勧めしています。
簡易検査で無呼吸低呼吸指数(AHI)が40以上で、SASの症状が明らかな場合は経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)による治療を推奨します。

成人のSASでは高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3〜4倍高くなります。特にAHI30以上の重症例では心血管系疾患の発症の危険性が約5倍になります。CPAP治療にて、その危険性が低下することが報告されてきます。

内科医として高血圧、糖尿病、脂質異常症の患者さんを診察させてもらってますが、SASが疑われる患者さんは少なくありません。薬だけのコントロールではなく、生活習慣、睡眠の質、睡眠時無呼吸症候群の可能性についてもフォローすることが重要だと考えています。
岡部医院院長 岡部誠之介
46F3AB90-1700-4B2F-9DB6-2DBC35A23003.jpegD5262890-515A-418B-8682-8C341573829C.jpeg
posted by okabeiin at 08:16| 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

2019年06月12日

令和元年度 犬山市健診の予約(犬山市 内科 健診)

令和元年度の犬山市健診が6月から始まります。
予約受付をしています。
健診は予約制です。電話で予約受付しています。

健康診断には
健康手帳、受診券、保険証を持参してください。健診前10時間は絶食です。
水は飲んでも構いません。

一般健診を一度も受けたことがない人は、早めの受診を推奨します。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 09:48| 岡部医院

2019年06月10日

タピオカドリンクの飲みすぎに注意を

タピオカドリンクを飲むと腹痛の起こる人がいるようです。
タピオカには消化に良くない難消化性デンプン、食物繊維が含まれています。それらが関係している可能性はあります。

関係があるか分かりませんが、最近、胃腸炎のような症状を訴える方が増えています。梅雨の時期には胃腸炎、食中毒にも注意をしましょう。

タピオカの原料は、南米が原産地の「キャッサバ」というイモの一種で、熱帯雨林気候の地域で栽培されます。

タピオカの作り方は、キャッサバの根茎から デンプンを取り出し水で溶き加熱し、粒状にして乾かして作るようです。最近のブームで、冷凍のタピオカなども多く流通しているようです。

タピオカは消化には良くないものと考えてよいと思います。腸が弱っているときは注意しましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 12:11| 岡部医院