2023年12月16日

かぜ・発熱外来の流れ

かぜ・発熱外来の流れ
@
岡部医院に診察時間内に電話
電話で問診などをして、抗原検査の適応や検査についての同意、承認、予約時間を決めます。
抗原検査については陰性でも陽性でも診察料の自己負担分が発生します。
診察、検査、薬の処方で自己負担3000円ー5000円程度は必要です。
岡部医院では診療時間にドライブスルー抗原検査を予約制でしています。

いきなり医院の中に入ることはやめてください。
風邪症状の人がいきなり医院に入ってくることはやめてください。


徒歩の方も対応していますが、診察の予約、寒さ、暑さの対策をして受診をしてください。
他院で検査して陰性だった場合でも、岡部医院で検査をします。
コロナ検査は何回も検査して陽性となることもあります。
検査はしない、薬だけ希望という場合は岡部医院では対応できない場合もあります。
ご了承ください。

A
予約時間に岡部医院に車で来院、車で岡部医院についたら、電話をしていただいて、こちらから説明、指示など行います。車の窓越しに保険証をカメラ撮影してカルテ作成をします。

B
コロナ陽性なら解熱剤などの対処薬を処方(岡部医院では抗ウイルス薬は処方できません)
コロナ陰性なら解熱剤などの対処薬を処方、経過観察、症状によっては再検査の可能性など説明します

上記の流れになります。

これらの流れに同意できないかたは、岡部医院では診察はできないのでご了承ください。

医院にいきなり入ってきて、風邪症状です、診察してくださいではなく
まずは岡部医院に電話をしてください。

いきなり入ってくるのだけは本当にやめてください。
1週間に1人ぐらいの頻度でいます。
院内感染が起こるので良く考えて行動をしてください。

コロナが5類になったから予約なし、いきなりきても大丈夫だと思ったということはないです。
ルールに従って受診をしてください。

posted by okabeiin at 11:47| 岡部医院

コロナやインフルになった後に何となく体の状態が良くないという場合に

西洋薬ではなかなか症状が改善しない、処方する薬がないときには漢方薬の出番です。

コロナやインフルになった後に何となく体の状態が良くない、倦怠感、寝つきが悪い、咳がつづくなどの症状が続く場合には採血やレントゲンなど検査をして西洋医学的に問題がない場合には漢方治療を試してみるのも良いと考えます。

漢方は症状に対して処方をしますが、患者さんの話を良く聞いて、患者さんに合ったものを選ぶように心がけています。

・食欲がない
六君子湯、補中益気湯などを試してみる
・寝つきが悪い
抑肝散、加味帰脾湯などを試してみる
・イライラする
抑肝散、柴胡桂枝湯などを試してみる
・倦怠感が続く
補中益気湯、香蘇散、柴胡桂枝湯などを試してみる

例としてですが、上記のような症状がある時に漢方を試してみるのも良いと考えます。

漢方薬も副作用には注意が必要です。何か起これば中止するというスタンスで試してみます。
2週間に1度は診察をして様子を見るということが大事です。
定期的に通院して、状態のチェックをすることが重要です。

診療をしていると、漢方が嫌いだという患者さんがいます。
無理に漢方を勧めることはしませんが、漢方薬の味と匂いについては自分で飲んだことがあるので、試してみてくださいと勧めることがあります。
不思議と長期で岡部医院に通っている患者さんには勧めてみると効果がある場合があります。
お互いの信頼関係や理解度によって漢方薬の効果は違う可能性があります。
岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 10:59| 岡部医院

2023年12月15日

AGA(男性型脱毛症)電話診察の予約

AGA(男性型脱毛症)電話診察の予約を行なっています。

再診の方に限って、電話診察でAGA薬の処方を行っています。
初診の電話診察は行っていません。
ネット予約からでも、診察時間に電話でも
予約できます。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=4deJwzNbQ0NzcEAARhAT8

AGA電話診察の予約をしていただいたら、こちらからメールにて連絡をします。
その後にスケジュールを合わせて、電話で症状や薬の効果、副反応など伺います。

その後にメールで料金の振込先をお送りします。

振込み確認後に薬を郵送させていただきます。

送料600円
振込み手数料
をご負担いただきます。
また、ポイントカートも郵送の場合はポイントがつきません。ご了承ください。
posted by okabeiin at 09:00| 岡部医院

2023年12月14日

デュタステリドについて ガイドラインで推奨度A

デュタステリドについて ガイドラインで推奨度A

推奨度:A(男性型脱毛症)、D(女性型脱毛症)
推奨文:男性型脱毛症にはデュタステリド内服を行うよう強く勧める(推奨度A)
一方、女性型脱毛症には行うべきではない。

となっています。
デュタステリドについては男性型脱毛症に対して2016年に発売されました。

もともとは前立腺肥大症の薬として2008年ごろから前立腺肥大症に対して処方されていた薬です。

デュタステリドはフィナステリドよりも男性型脱毛症に対して効果が期待できる薬です。
posted by okabeiin at 17:04| 岡部医院

2023年12月13日

帯状疱疹ワクチンについて 犬山市の助成対象について

https://www.city.inuyama.aichi.jp/kurashi/1000224/1000289/1005757/1009782.html

助成対象となる人
次の(1)から(4)すべてに該当する人
(1)接種日および申請日に、犬山市に住民登録がある人
(2)令和5年6月1日以降に接種する人
(3)接種日に50歳以上の人
(4)これまでに帯状疱疹ワクチン接種費用の市助成を受けたことがない人

接種回数と助成回数・助成額
ワクチンは、2種類あります。(不活化ワクチン、生ワクチン)
どちらか一方のワクチン接種について、費用の一部を助成します。

ワクチンの接種方法
(1)市内協力医療機関(帯状疱疹ワクチンの接種を受けることができる市内医療機関)に予約します。
(2)医療機関にある申出書・予診票に必要事項を記入します。
(3)接種当日、医療機関にて、助成額を差し引いた接種費用を支払います。
 (助成額=接種費用の1/2額。100円未満切り捨て。上限があります。上記の表を参照ください)
 ※帯状疱疹ワクチンは、任意の予防接種です。接種費用は医療機関ごとに異なります。

ワクチン接種する当日の持ち物
・健康手帳
・マイナンバーカードなど住所が記載された本人確認書類
・健康保険証
・接種費用(任意予防接種のため、接種費用は医療機関によって異なります)

※健康手帳をお持ちでない方は、保健センター・市民健康館・出張所・市役所保険年金課で作ることができます。 接種する前に各窓口で交付を受けてください(本人確認書類が必要です)。

岡部医院では
不活化ワクチンは2か月後に2回目のワクチンを接種する必要があります。
不活化ワクチンについては一つ問題があります。

英国の会社であるグラクソ・スミスクラインが薬の卸業者であるアルフレッサ、東邦薬品以外の卸御者とは取引しないという方針を出しているので、薬が簡単に手に入らない状態になっています。
2社としか取引しないというのは独占禁止法の可能性と卸業者の談合が起きる可能性があります。
アルフレッサの関連する談合事件がたびたび起きているので、大丈夫なのか思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230324/k10014018571000.html

また、犬山市保健センターの見解としては
帯状疱疹ワクチンについては市民からの要望が大きく、今年度から助成が始まったとのことです。
帯状疱疹ワクチンについては50歳以上
インフルエンザワクチンについては65歳以上
は犬山市から助成があります。

しかしながら、インフルエンザワクチンについて小児への助成というのはありません。
小児のインフルエンザワクチンの助成も検討してほしいと考えます。

岡部医院院長 岡部誠之介
posted by okabeiin at 14:10| 岡部医院